サイバーパンク・バーテンアドベンチャー『VA-11 HALL-A』PS Vita向け日本語版が11月16日発売へ、PC版日本語も同時期に追加予定

弊社アクティブゲーミングメディアが運営するパブリッシャーPLAYISMは、PlayStation Vita向けソフト『VA-11 HALL-A(ヴァルハラ)』を2017年11月16日に発売すると発表した。価格は、パッケージ版が税込み3240円で、ダウンロード版が税込み2000円。パッケージ版向けの初回特典には、ゲーム内の世界を彩るBGM 16曲を収録したサウンドトラックと、開発元であるSukeban Games描きおろしのコースターが用意される。またすでにSteamなどで配信されているPC版でも、PSVita版の発売と同時期に日本語が追加される予定とのこと。

スポンサーリンク

『VA-11 HALL-A』はベネズエラのデベロッパーSukeban Gamesが手がけるアドベンチャゲームだ。舞台となるのは近未来、腐敗した政府と大企業が支配する「グリッチシティ」のバー「VA-11 HALL-A」。プレイヤーはこのバーで働くバーテンダー「ジル」となり、客にカクテルを提供し会話をかわしながら退廃した世界の一部を垣間見ていく。

バーテンダーである「ジル」の仕事は、カクテルを提供すること。原酒を組み合わせてカクテルを作ることで客とコミュニケーションする。提供するカクテルは必ずしも注文通りである必要はなく、いつも飲むものや好みを考えアレンジを加えてみてもいい。提供したカクテルの種類によってシナリオは分岐する。「VA-11 HALL-A」を訪れる客も個性豊かだ。街を守る白騎士やWebサイトの管理人、ネットアイドルなど幅広い。彼らと人間関係を作っていき抱える悩みや葛藤を聞いていくのだ。

『VA-11 HALL-A』は、2016年6月よりSteamで発売されている。バーテンダーになりカクテルを提供するという独特のコンセプトや魅力的なキャラクター、ドット絵を基調としたキュートなビジュアルやポップさもありながらサイバーパンクな世界を引き立てるサウンドなどが世界中で高い評価を得ており、Steamレビューのステータスは「圧倒的好評」になっている。本作を初めて知ったコンソールユーザーも、興味を持っていたPC版ユーザーも11月は、近未来のバーテンダーになってみてはいかがだろうか。

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog