「Miiverse」が11月8日をもってサービス終了へ。『スプラトゥーン』などのゲーム内のイラスト表示もなくなる

任天堂は本日8月29日、「Miiverse」「Wii U Chat」「Nintendo TVii」のサービス終了を発表した。これらのサービスは11月8日(水)15時(日本時間)をもってその歴史に幕が閉じられることになる。いずれもWii U向けのコンテンツ(一部はニンテンドー3DSにも対応)で、「Nintendo TVii」はWii U上でテレビ番組をチェックできるツール、「Wii U Chat」はWii Uゲームパッドを使いインターネットで遠く離れた人とTV電話できるサービス、そして「Miiverse」はWii Uと密接に連携した、イラストやメッセージ、スクリーンショットを投稿するSNSともいえるコンテンツだ。「Miiverse」はのちのアップデートによりニンテンドー3DSにも対応している。Wii U本体は今年1月に生産停止となったことが任天堂より発表されていた。その7か月後に、付随するサービスも後を追って終了することになる。

このなかでも特に「Miiverse」のサービス停止にショックを受ける人も少なくないだろう。「Miiverse」は単なるSNSではなく、ゲームタイトルと連携し、メッセージやイラスト、スクリーンショットを介してゲーム体験をシェアするツールとして大きく貢献していた。『スプラトゥーン』においては、「Miiverse」を介して投稿されたイラストがあちこちで表示されており、ハイカラシティを盛り上げていた。「Miiverse」なくして『スプラトゥーン』なしといえるほど、同ゲームのアイデンティティの形成を担っていたと表現しても過言ではない。

スポンサーリンク
「Miiverse」のアイコン

「Miiverse」が終了することにより、独自の連携によりゲーム内で公開されていたイラストやメッセージなどは表示されなくなるという。『スプラトゥーン』を代表に、多くのWii Uそしてニンテンドー3DSタイトルが影響を受けるようだ。詳しくは公式サイトのリストを参考にしてほしい。なお任天堂によると、これまで「Miiverse」に投稿したイラストやスクリーンショットなどを期間限定でダウンロードできるサービスの提供も予定しているとのこと。

「Miiverse」とともに世に出たWii Uは、セールスという観点ではあまりふるわなかったものの、「Miiverse」はユーザー同士のつながりを独自に提案する任天堂らしいサービスで、多くのユーザーから愛されてきたコンテンツだった。人によっては、Wii Uの生産停止ニュースよりも、Wii Uというハードウェアの終わりを感じさせるニュースであると言えよう。

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog