Ubisoftがオンライン対戦FPS『ATOMEGA』を発表。今月20日にSteamで発売、永遠に続くアリーナで世界最後の瞬間を繰り返す

Ubisoftは9月11日、オンライン・マルチプレイシューター『ATOMEGA』をPC向けに発表した。国内発売日は9月20日で、価格は9.99ドル。Steamストアの表記によると、日本語にも対応するようだ。本作は、『Grow Home』や『Grow Up』の開発元Ubisoft Reflectionsが手がけるアリーナ系FPSである。

本作の舞台は、世界の終焉を間近に控えて現実が崩壊しゆく大宇宙だ。この世界に生きるのは「エクソフォーム」と呼ばれる超高度な生命体。エクソフォームは、物質とエネルギーを巧みに使いこなし、人と機械に遠いつながりがある存在だとされている。

スポンサーリンク

ゲームは無機質な街のようなアリーナで、最大8人で対戦する。エクソフォームには7つの形態があり、マップ上に落ちているキューブを集めることでエクソフォームの身体を構成するブロックが増えていく。小さくてすばしっこい「ATOM」から、巨大な神のような姿の「OMEGA」まで、7段階の進化を遂げることが可能だ。それぞれの形態で特徴が異なり、長所もあれば短所もあるが、基本的には進化して巨大化していくことでパワーを増していく。目の部分から撃ち出すビームが主な攻撃手段で、「ハック」と呼ばれるアイテムを10個集めると、アビリティを一定時間ブーストできるという。なお、エクソフォームの身体のブロックの素材や色、テクスチャパターンは自分好みにカスタマイズ可能だ。

対戦ルールやゲームモードにはどのようなものがあるのか、まだ詳しい情報は明かされていないが、ゲーム画面には獲得ポイントや勲章、また残り時間が表示されており、このあたりが勝敗に関連するのだろう。宇宙に浮かぶアリーナには、すべてを吸い尽くすブラックホールのようなものが迫ってきている。プレイヤーはこの世界の最後の瞬間を繰り返すことになるという。

Recommended by

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog