腐敗した1940年代のロサンゼルスを描く新生『L.A.ノワール』の発売日が12月7日に決定。PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ/VR向けにリリースへ

ロックスター・ゲームスは、新生『L.A.ノワール』を12月7日に発売すると発表した。PlayStation4およびNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)版は税別4990円で、Xbox One版は未定となっている。PC向けのHTC Vive版は『L.A.ノワール:VR事件簿』として税別3277円で発売される。いずれのバージョンもCERO Zタイトルとして販売されるようだ。

スポンサーリンク

『L.A.ノワール』は、2011年に発売されたオープンワールド・アクションアドベンチャーゲームだ。今回、装い新たにふたたび登場する。プラットフォームごとにその特色は異なっており、たとえばPlayStation 4/Xbox One版は解像度が1080pとなり、PlayStation 4 Pro向けには4K出力にも対応している。そのほかテクスチャやライティングが改良されるなど、事実上のリマスターともいえるタイトルになっている。ニンテンドースイッチ版はタッチ操作に対応するほか、Joy-Conを使ったジェスチャー操作に対応。TVモードでは1080pで、携帯モードでは720pでゲームが描写される。これらの3機種向けには5つのDLCが同梱されるといい、1940年代のロサンゼルスの街をさらに濃厚に体験できるだろう。HTC Vive版は、シナリオ構成がアレンジされており、オリジナル版『L.A.ノワール』からVR用に再構築された7つの事件に挑めるという。

海外ではニンテンドースイッチ版が他機種よりも10ドル高く設定されていたことから議論を呼んだが、国内向けの価格は、PlayStation 4版もニンテンドースイッチ版も同額であるようだ。2011年に発売され、その没入感とシナリオ展開から世間を騒がせた『L.A.ノワール』を、これを機会に遊んでみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog