自らが法となり、悪に正義の鉄槌を下す『JYDGE』Steamで発売開始。豊富なカスタマイズ要素が特徴のトップダウンシューター

10tons Ltdは10月4日、『JYDGE』をSteamで発売した。価格は1480円で、10月12日までは1184円で購入可能(同スタジオが手がけた『Neon Chrome』を所有しているとさらに20パーセントオフ)。海外ではPlayStation 4/Xbox One向けにも発売されており、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)版も今月中に発売予定となっている。本作は未来の警官JYDGE(ジャッジ)のド派手な活躍を描く、見下ろし型視点のアクション・シューティングゲームだ。

スポンサーリンク

本作の舞台は、眠らない街Edenbyrg。このメガシティでは日々さまざまな犯罪が発生し、地元警察では手に負えない場合にJYDGEが出動して正義の鉄槌を下す。JYDGEは法を執行するための武器として「Gavel」と呼ばれる銃を持っており、この銃とJYDGEが着ているスーツ「Cyberware」のカスタマイズ性の高さが本作の特徴となる

本作は10tons Ltdがかつて手がけた『Neon Chrome』や『Crimsonland』と世界観を共有しており、『Neon Chrome』の前日譚という位置付けだそうだ

ゲームでは、ミッションごとにさまざまなシチュエーションをプレイする。たとえば一般家庭に強盗が入って家族が人質に取られていたり、銀行強盗犯が銀行内を占拠していたり、あるいはギャングがショッピング街を荒らしていたり。そこへプレイヤーは単身もしくは2人協力プレイで乗り込み、事件を解決する。ミッションにはそれぞれクリア目標とサブ目標が用意されており、たとえば上に挙げた一般家庭人質事件の場合だと、人質の救出がクリア目標で、サブ目標にはマップ内にあるコンテナからお金をすべて回収することや、20秒以内にミッションクリアすることが指定されている(難易度によってサブ目標は変化する)。そして目標を達成するごとにメダルを獲得でき、その保有数によって次のミッションやカスタマイズアイテムがアンロックされていく。

ちなみに、Gavelとは裁判長が「静粛に!」と叩く木槌のこと。銃身が木槌の形を模しているのはそのため

Gavelにはメインとスペシャルの2種類の射撃モードがあり、それぞれカスタマイズ可能だ。メインのデフォルトは通常の弾丸だが、メダルを獲得することでショットガンや、射程は短いが強力なプラズマ、壁で跳ね返るレーザーなど13種類がアンロックされ、購入可能になる。スペシャルは非常に強力だが弾数が少なく、ボスなどここぞという場面で使う。ロケットやエナジーオーブなど15種類がアンロック可能だ。そしてGavelにはもうひとつ、Gavel Modsというカスタマイズ要素があり、こちらはさまざまな特殊能力を付加できる。たとえば、リロードするたびに周囲に広がる弾が発射されるものや、一般人を誤射しても傷つかないようになるもの、あるいは敵を殺すたびに体力が一定数回復するものなど25種類がある。Gavel Modsは3種類まで同時使用できる。

Cyberwareのカスタマイズには、被ダメージ量を減らしたり、体力を増やしたりといった基本的なもののほか、近くの敵を自動的に電撃攻撃したり、影に入ると敵から見えなくなったり、あるいは敵を攻撃してくれるコンパニオンドローンを連れて行けるようになるものなど35種類が用意されている。こちらは4種類が同時に使用可能だ。

本作が映画「ジャッジ・ドレッド」を意識しているのは間違いないが、悪に対しては判決を言うまでもなく死刑確定である

それぞれのミッションは比較的小さなマップ内でおこなうことになるが、建物などへの侵入ルートは複数用意されている。数多くの敵がマップ内を巡回して警戒に当たる中、ステルスプレイに徹するのか、あるいは正面突破でガンガン撃ち合うのかなど、さまざまな攻略法を受け入れるゲームデザインとなっている。そして充実したカスタマイズ要素によって、ゲームを進めていくなかでプレイスタイルの幅は広がっていくだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog