『アサシン クリード オリジンズ』はシリーズで初めて難易度設定を導入。ゲームプレイ中に自由に変更可能

Ubisoftが開発中の『Assassin’s Creed Origins(アサシン クリード オリジンズ)』では、古代エジプトに舞台を移してシリーズの起源を描くが、そのゲームプレイにおいては主人公バエクのパートナーである鷲のセヌの存在や、弓矢や槍、盾なども駆使する新しい戦闘システム、武器のアップグレード、スキルツリーでの能力のアンロックなど、これまでのシリーズ作にはなかった要素がさまざま導入されている。そしてさらに、本作では難易度の変更も可能になるという。海外メディアGamesRadar+などが報じている。

Image Credit: Assassin’s Central

『Assassin’s Creed』シリーズを専門に扱うYouTubeメディアAssassin’s Centralのインタビューに応えた本作のゲームディレクターAshraf Ismail氏は、プレイヤーはゲームプレイ中に自由に難易度を変更できると語っている。難易度を変更しても、たとえば戦闘しなくて済むようになるといったわけではないそうで、基本的なゲームプレイは変わらない。難易度を上げると敵の能力が引き上げられ、よりアグレッシブに攻撃してくるようになり、またゲームの難易度曲線もより大きく上昇していくという。そして難易度を下げれば、プレイヤーは逆により対処しやすくなるといった具合だ。難易度はいつでも変更できるため、ボスなど特定の場面に詰まった場合に一時的に難易度を下げるなど、プレイヤーは自らのスキルに合わせて柔軟に対応できる。

スポンサーリンク

今回シリーズで初めて難易度設定を取り入れた理由についてIsmail氏は、『Assassin’s Creed』はいまや非常に大きなファンベースを抱えており、それぞれ異なる理由でシリーズをプレイしているためだとしている。つまり、そのゲームプレイを楽しみたいがために手に取る人もいれば、さまざまな時代や場所を再現していることから歴史的な背景に興味を持つ人、あるいはストーリー要素を主に楽しむファンもいる。そのため、開発側としてゲームプレイ要素に深みを持たせようとすると、スキルの高い一部の人しか楽しめないという状況が起こってしまう。難易度を変更できるようにするというのは自然なステップだったとIsmail氏は振り返っている。

難易度によってボーナスやペナルティがあるのかなどもう少し詳細を知りたいところ。だが、多様な楽しみ方が提供されている中、誰もがそのゲームプレイも堪能できるとあれば歓迎されるべき新機能だろう。本作はPC/PlayStation 4/Xbox One向けに、10月27日に発売予定だ。

*10月4日に公開されたゲームプレイ動画では、Ismail氏らが本作のステルスプレイやスキルなどを紹介している。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog