牧場シミュレーション『Stardew Valley』ニンテンドースイッチ版が海外にて発売、日本語にも対応

Chucklefish Gamesは、10月5日にニンテンドースイッチ版『Stardew Valley』を海外向けに配信開始した。価格は14.99ドル。本作はPlayStation 4/Xbox One版が日本語に対応していたが、ニンテンドースイッチ版も同様に日本語に対応していることを確認している。

Image Credit: Tiy

『Stardew Valley』は個人開発者Eric Barone氏が制作した牧場運営シミュレーションゲームだ。初期の『牧場物語』作品をリスペクトした作品になっており、プレイヤーは牧場を耕したり動物を飼育したり、山へおもむき採掘したり、住民と仲良くし恋仲になったりするなど、自由な暮らしを満喫することができる。かわいらしい見た目に反してやりこみ要素も充実しており、その自由度と熱中度が愛され、2016年のSteamのメガヒットタイトルの仲間入りを果たした。Steam版のヒットをうけてPlayStation 4やXbox Oneへの移植もおこなわれていたが、ついにニンテンドースイッチでも牧場ライフを楽しめるようになった。

スポンサーリンク

ニンテンドースイッチ版向けの要素としては、今後対応する予定であるマルチプレイヤーモードは、コンソール向けには同ハードにいちはやく実装することが発表されている。マルチプレイヤーモードでは、ゲーム開始直後にプレイヤーはロビンから3つのキャビンを農場に作るよう進められる。このキャビンにはそれぞれ1人のプレイヤー(Farmhand、農業労働者)が住むことが可能で、ホスト格に当たるメインプレイヤーも含めると、最大で4人のプレイヤーが同時に農場上でプレイ可能になる。

海外のニンテンドーeショップでゲームを購入するうえでは、Playpalを経由して残高をチャージするか、PlayasiaやAmazonでデジタルコードを買わなければいけないが、日本語に対応していることを考えるとその価値はあるかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog