ニンテンドースイッチ向け『オーバークック スペシャルエディション』配信開始。パーティーゲームの新定番とも評された料理ゲーム

Team 17と架け橋ゲームズは本日10月12日、ニンテンドースイッチ向けに『オーバークック スペシャルエディション』の配信を開始した。価格は税込2150円。『オーバークック スペシャルエディション』は、Steam向けに配信された『Overcooked』に追加コンテンツを同梱し、ニンテンドースイッチ向けに最適化したものとなる。

スポンサーリンク

『Overcooked』は車の上で火山、宇宙など過酷な状況下で料理を作るデンジャラスクッキングゲームだ。プレイヤーは厨房のなかを慌ただしく走り回り、他プレイヤーとの協力のもと、料理を切ったり焼いたり煮込んだりしながら、数多くの料理を完成させ、出荷することを目指す。オンライン非対応のパーティーゲームでありながら、その独特の熱中度から高い評価を獲得した。PC Gamerなどはパーティーゲームの新定番とも評している。本作は、段取りが非常に重要なタイトルであるので、声をかけあって協力したり、もしくは息が合わずケンカしたり、パーティーゲームの楽しさをぐっと凝縮した魅力が詰まっている。

ニンテンドースイッチ向け『オーバークック スペシャルエディション』も依然としてオンラインプレイには対応していないものの、HD振動に対応しており、より料理に対する没入感が高められている。海外版では最適化不足や動作不良が指摘されていたが、現在はパッチにより修正済み。日本語版も同様にスムーズに動作する。

BitSummit 5thで展示版を体験した限りでは、見ず知らずの人とも楽しめるタイトルとして仕上げられていた印象を受ける。DL版をひとつニンテンドースイッチに仕込んでおいて、出先で持ち出してパーティーのアイテムとして楽しむのにぴったりだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog