『タイタンフォール』のRespawn Entertainmentが新作VRタイトルを開発中。おなじみのシリーズ作品ではないシューティングに

『タイタンフォール』シリーズを手がけるRespawn Entertainmentは、Oculusと提携しVR向けに新作タイトルを開発していることを発表した。現時点でのリリース予定時期は2019年となっている。詳細は不明ながら、Respawn Entertainmentの公式ブログによると、現在開発されている新作は『タイタンフォール』シリーズでも『スターウォーズ』シリーズでもないものになると明言されている。

スポンサーリンク

今回公開された映像では、開発陣が「戦いがリアルに感じられる」といったコメントを残していたり、エイミングのモーション撮影現場が映されているなど、これまでの同社が手がけた作品と同様にシューティングを中心に据えたタイトルになることは間違いなさそうだ。「業界に衝撃を与えるものを作る」「卓越したものになるだろう」とも語っており、2社の関係の強さとゲームの完成度についての自信をのぞかせる。

Respawn Entertainmentは、『Call of Duty 4: Modern Warfare』を手がけたInfinity Wardに在籍していたスタッフJason West氏とVince Zampella氏が中心となり2010年に設立したスタジオだ。現在は『タイタンフォール』シリーズのほかにも『スターウォーズ』シリーズの新作に取り組んでいる。今回発表されたタイトルは現在開発が始まったところであるものの、すでに全世界で熱い注目を集めている。発売はしばらく先であるものの、世界有数のスタジオがおくる大型タイトルの続報に注目したい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog