Steamのとある“低品質ゲーム”に怒りを抱いたユーザー、わずか「15分」で自ら同じゲームを作り出し無料で配布する

先月9月27日よりSteamにて『Glitch Simulator 2018』が配信開始された。『Glitch Simulator 2018』は「グリッチ」をテーマとしたシミュレーターゲームだ。プレイヤーは仮想世界の中を生きながらゾンビを倒し、ゲーム内に“意図的に”隠されたバグやグリッチを探すことになる。ゲーム説明自体の聞こえはいいが、その内容は実にひどい。

油断していると知らぬ間に迫っているゾンビに驚かされる点も実に腹立たしい

実際に購入してプレイしてみたが、プレイを始めると長いローディング画面が終わるといきなりテント内に放り出される。プレイヤーができるのは、落ちている武器を拾い、ただ迫りくるゾンビなどを倒すこと。外に出てもだだっ広いフィールドにいくつかの建物があるだけだ。ゾンビの挙動や各種コマンドにはグリッチらしきギミックが仕込まれているが、基本的にはただただ堅いゾンビを倒すだけの、たいした目的のない凄惨なゲームだ。そもそも、敵がしつこく迫ってくるのでグリッチ探しにすら専念できない。

スポンサーリンク

そこにあるのは虚無のみで、宣伝文句に使われたグリッチやバグといった概念にすら同情を覚えるだろう。それもそのはず、本作はゲームエンジンGameGuruで作られており、敵やフィールドはすべてアセットそのままで、それらを雑に配置しただけなのだという。ただ低品質であるだけでなく、ゲームの開発プロセスのほとんどが“コピペ”であるわけだ。

この『Glitch Simulator 2018』のクオリティに怒ったユーザーが現れた。YouTubeでも活動するIAmPattyJack氏はいかに本作を容易に作れるかを証明すべく、同じゲームを作り完成させた。その開発時間はわずか15分であったという(実際には12分18秒)。その詳細をKotakuが伝えている。

できたゲーム名は『Smorsh Simulator 2018』。itch.ioにて配信されており、無料でダウンロードできる。空っぽのマップ、多少の地形の起伏(判定なし)、ひたすら湧き続けるゾンビとアサシンと、そしてテクスチャの欠けた建物で構成されたゲームは、『Glitch Simulator 2018』とそれとまったく同じ構造であるという。氏は、ロゴもなくメニューもエンジンのデフォルトのままなので作るのは楽であったと言い放ち、ゲーム内でグリッチとされているAIの不良や欠けたテクスチャは、ゲームエンジンのそのものの不具合であるので、意図したグリッチですらないと強烈な皮肉を浴びせている。最後にIAmPattyJack氏はジョークとしてもつまらないからこんなゲームは買うな、代わりに無料で自分のゲームで遊んでくれとコメントした。

こちらも実際に遊んでみたが、プレイ時の虚しさは『Glitch Simulator 2018』そのものだ。内容のなさから苛立ち、失望感まで丁寧にコピーしている。確かにこの無料版をプレイすれば、『Glitch Simulator 2018』のがっかり感は存分に味わえる。298円を払うことで時間に加えてお金を失う真なる失望体験を味わいたい方以外は無料でプレイするべきだろう。

ちなみに『Glitch Simulator 2018』を手がけたBunchOD00dz氏は、これまでいくつかのゲームを手がけてきたわけであるが、過去作もなかなかにひどい。美少女がミュータントのようなゾンビを倒すRPG『ZAMBIZ 2 KIL』はまだかわいいもので、あまりのひどさから購入者から自殺を考えたと言わしめた『Suicide Simulator』、コンテンツ自体はテーマに合わせているものの話題性先行であることが否めない『ISIS Simulator』など、BunchOD00dz氏はGameGuruを使い粗悪なゲーム量産し、猛威をふるっているわけだ。その中でも、グリッチという名前に甘えた『Glitch Simulator 2018』は特段ひどいゲームであることは疑いないだろう。

Steamでは「なんていったらいいかわかりませんが、今自殺したいです。」というレビューまで掲載されている『Suicide Simulator』

Steamを運営するValveは以前に、低品質ゲームをリリースするパブリッシャーのタイトル173本をストアより削除した。しかし、削除した理由については、ゲーム内容がひどいというより、同じ内容であるにもかかわらず異なるタイトル名で販売していることをあげていた。完成度の評価については個人によって異なるので、ただひどいというだけのゲームは削除しづらいのだろう。ユーザーができるのは「買わない」という行為のみ。33%オフの199円で販売されていようが、間違っても『Glitch Simulator 2018』は購入すべきではない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog