『オーバーウォッチ』新ヒーロー「モイラ」が正式リリース。11月18日からはフリーウィークエンドも

Blizzard Entertainmentは11月16日、PC版『オーバーウォッチ(Overwatch)』の本番サーバにて「モイラ」を実装する最新アップデートの配信を開始した。タロンの遺伝学者「モイラ・オデオレイン」は機動力の高いサポートクラスのヒーロー。仲間を回復し、敵にはダメージを与える「バイオティック・アビリティ」の使い手である。

スポンサーリンク

※「BlizzCon 2017」にあわせて公開された紹介トレイラー

基本アビリティである「バイオティック・グラスプ」は左手から回復用のビーム、右手から攻撃用のビームを放つ。ヒーリング用のビームはバイオティック・エネルギー(回復用リソース)を消費することで前方の味方を回復し、攻撃用のビームは敵のライフを吸収して「モイラ」自身の体力およびバイオティック・エネルギーを補充する。「バイオティック・オーブ」は回復もしくは攻撃用のオーブを展開し、壁にあたると反射する。移動アビリティ「フェード」を使うと一時的に透明になり移動速度が上昇。無敵状態となるが攻撃もできなくなる。アルティメットの「コアレッセンス」は触れた味方を回復し、敵にはダメージを与える長距離ビームである。

最新パッチノートによると、「マーシー」を対象としたバランス調整として、「リザレクト」のキャスト時間が0秒から1.75秒に、キャスト中の移動速度は75%ダウンしている。またハッキング、スタン、ノックバックによるアビリティが中断されるようになった。なおアルティメットの「ヴァルキリー」発動中は通常のキャスト時間・移動速度にて「リザレクト」を唱えられる。同じくサポートクラスの「アナ」は、バイオティック・ライフルのダメージ量が60から70に上方修正されている。

『オーバーウォッチ』は各種対応プラットフォーム(PC/PlayStation 4/Xbox One)にて、日本標準時11月18日午前3時から11月21日午前3時59分にかけて無料体験期間が設けられる。PlayStation 4版はPlayStation Plus、Xbox One版はXbox Live ゴールドへの加入が必要だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog