『The Surge』DLC「A Walk in the Park」12月5日海外配信へ。遊園地で狂かわいいマスコットたちと対決

Deck 13/Focus Home Interactiveは11月16日、SFアクションRPG『The Surge(ザ・サージ)』のDLC「A Walk in the Park」を12月5日に海外リリースする旨を発表した。Steamストアページはすでにオープン済みで現在予約受付中。対象プラットフォームはPCおよび海外PlayStation 4/Xbox One。Steamでの販売価格は1880円となっている。また同日にはゲーム本編とDLCを同梱したコンプリート・エディションが海外向けに発売される。

スポンサーリンク

『The Surge』は2017年5月に海外リリースされた「ソウルズライク」なアクションRPG。西暦2080年、下半身不随により車椅子生活を送っていた主人公ウォーレンは大手企業CREOの末端ワーカーとして働くべく強化外骨格の装着手術を受ける。だが勤務初日から異変に巻き込まれ、暴走した同僚やロボットたちと死闘を繰り広げつつCREO社の工業施設からの脱出を試みることに。雑魚敵であっても油断はできない高難易度なアクションを売りとした作品となっている。きたる11月30日には、インターグローより国内版が発売される予定である(国内公式サイトはこちら)。

「A Walk in the Park」DLCの舞台はCREO社の荒廃した遊園地「CREO World」。狂いに狂ったマスコットやエクソスケルトンを装着したまま暴走した従業員、壊れたアトラクションが主人公ウォーレンを待ち受ける。ゲーム本編ではCREO社の工業施設内部の暗いエリアを行き来することが多かったが、DLCでは明るくカラフルな遊園地を探索できる。ただし危険度は変わらず。16種類の新武器・アーマーセット、インプラント(アップグレード)により装備を整え、遊園地のボスに立ち向かうのだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog