魔法を操る高速ローグライクアクション『Wizard Of Legend』2018年春に発売へ。PC/PS4/Xbox One/スイッチに対応

Humble Bundleは『Wizard Of Legend』を2018年春(2018Q1)に発売すると発表した。対応プラットフォームやWindows、MacとLinuxのほか、PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けに発売される。

スポンサーリンク

『Wizard Of Legend』はインディースタジオContingent99が開発中の、ローグライクダンジョンRPGだ。舞台となるのは、架空のファンタジー世界。Lanova王国では、魔法審議会が毎年ならず者を集めて最強の魔法使いを決める大会を開催。「伝説の魔法使い(Wizard Of Legend)」になるべく、プレイヤーはこの熾烈な競争に参加することになる。

『Wizard of Legend』の特徴は、そのゲームテンポの速さだ。魔法と近接攻撃、そしてクイックムーブを組み合わせて、相手に素早く詰め寄り間合いをあけ、蜂の如く敵を刺す。魔法をメインにするのか、近接戦闘をメインにするのかはプレイヤー次第。自分に合った戦い方を見出し、ハイテンポで敵をなぎ倒す。

敵を倒してアイテムを手に入れたり、ダンジョン内で宝を発見することで、新たな魔法が開放されていく。魔法の種類は剣を周囲にまとうものから、氷の波を起こすもの、メテオを落とすものまで幅広い。魔法はすべてあわせると100種類以上にも及ぶという。多くの魔法から好みのものを選び、“ウィザードスタイル”を確立していくのだ。道中の宝箱からはプレイヤーの能力を高めるレリックスやアクセサリーが手に入るので能力の底上げも並行して行っていこう。

本作はローカルCO-OPに対応しており、2人の魔法使いでダンジョンを攻略することができる。それぞれ異なるスタイルで戦ってもいいし、同じようなスタイルで戦い息を合わせていくのもひとつの手だろう。実装すると断言はできないものの、オンラインのCO-OPについても検討しているとのこと。

『Wizard of Legend』は2016年にKickstarterキャンペーンを実施し、7万2000ドル(約800万円)を集めていた。順調に開発が進み、2018年の春にマルチプラットフォームにて発売される。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog