名作和風アクションADVゲーム『大神 絶景版』Steam版が先行発売。日本画のようなグラフィックが高解像度化され鮮やかに蘇る

カプコンは12月13日、ネイチャーアドベンチャーゲーム『大神 絶景版』を、PlayStation 4/Xbox One版に先がけてSteamで販売開始した。価格は2990円。本作は、クローバースタジオがPlayStation 2/Wii向けに開発した『大神』のリマスター版だ。2012年に一度HDリマスターされ、同じ『大神 絶景版』というタイトルでPlayStation 3向けに発売されたが、さらにパワーアップしての再リリースとなった。なお、PC版が発売されるのは今回が初めてである。2018年1月15日までにSteam版を購入した場合、『Dota 2』で使用可能なアマテラスのクーリエと、壁紙15枚セットが早期購入特典としてプレゼントされる。

スポンサーリンク

『大神 絶景版』の舞台は、はるか昔の日本をモデルにした世界「ナカツクニ」。人々を苦しめていた大妖怪「ヤマタノオロチ」が、一匹のオオカミの活躍により退治され封印される。そして時は流れヤマタノオロチ退治も神話となった時代、とある出来事により封印が解かれたヤマタノオロチが、ふたたび世に災厄をもたらしていた。そこで、「大神」と呼ばれ祀られていた伝説のオオカミ「アマテラス」が現世に呼び戻される。

プレイヤーはアマテラスを操作し、妖怪たちと戦いながら美しい自然を取り戻すことを目指す。アマテラスは剣・鏡・匂玉の「三種の神器」を駆使して攻撃することができ、神器はメインとサブに装備できる。それぞれの神器はどちらに装備するかによって効果が異なる。また、本作の大きな特徴の一つでもある「筆しらべ」と呼ばれるシステムにより、画面上に筆を走らせることによって、たとえば壊れた橋を直したり、枯れ木に花を咲かせたり、あるいは弱った敵を一閃する攻撃に使うことができる。こうした「筆しらべ」の能力は、ゲームを進める中で習得することができる。旅の道中でさまざまな技を会得し、妖怪を退治して闇を振り祓うのだ。

本作は墨絵のようなタッチに日本画のような色使いの和風グラフィックが特徴であり、『大神 絶景版』では現世代向けに高解像度化をほどこした上でより美しくリファインされている。PC/PS4 Pro/Xbox One Xでは4K解像度にも対応するが、オリジナル版と同じ4:3の画面比率でプレイすることも可能だ。また、PS3版では特許関係の問題により実装が見送られたロード画面中のミニゲームが今回復活している。なお、国内PS4/Xbox One版は12月21日に発売予定となっている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog