地獄に堕ちた学生二人が悪魔と一緒に飲んで騒いで、現世に戻ろうと励む奈落の青春ADV『Afterparty』発表

『Oxenfree』で知られる米国のインディースタジオNight School Studioは12月14日、新作ポイント&クリックアドベンチャー『Afterparty』を発表した。発売時期は2019年を予定している。

スポンサーリンク

親友同士の若き男女二人「Milo」と「Lola」は、ある日うっかり落命し、地獄に堕ちてしまう。このまま奈落の底を永遠にさまよい続ける運命なのかと思いきや、ひとつだけ抜け道があるという。その方法はズバリ、地獄の長であるサタンとのアルコールの飲み比べ対決で勝利すること。まだまだ青春を謳歌していたい二人はなんとか現世に戻ろうと、悪魔たちの酒宴に参加する。

発売時期は遠くゲームの詳細は判明していないが、IGNにていくつかの独占情報が公開されている。それによると、死後の世界(Afterlife)の二次会(Afterparty)にやってくるサタンを待つ間、ネオン輝く地獄の街で寄り道をして遊興にふけることができる。悪魔のバーテンダーにドリンクを頼み、カラオケやビアポンで地獄のパーティーを思う存分楽しむのだ。アドベンチャーゲームに出てくる会話の選択肢には、沈黙や「……」といった項目が固定で用意されていることがある。本作でその項目に値するのは「飲む」になるという。何を飲むかによって、勇気が出たり、急に饒舌になったりと、さまざまな効果があらわれるとのこと。そして喧騒の中での一夜を楽しむうちに、そもそもどのような罪で二人が地獄送りになったのかが明らかになっていく。

Night School Studioのデビュー作『Oxenfree』は、離島でのパーティーを楽しんでいた若者グループが超自然的現象に巻き込まれていくアドベンチャーゲームであった。80年代のティーン・ホラーを彷彿とさせる世界観とサウンドトラック、そしてミステリアスな物語により好評を博し、レビュー集積サイトMetacriticではメタスコア80/100点、ユーザスコア7.8/10点と高得点を獲得している。『Oxenfree』も今回発表された『Afterparty』も「死後の世界」が題材となっている。また『Oxenfree』が高校生の静かなる成長物語であったのに対し、『Afterparty』では大学卒業を間近にした二人の最後のどんちゃん騒ぎが描かれるというのも興味深い。大人になる前の儀式めいたものを感じる。

なお『Afterparty』の発表にあわせて、『Oxenfree』はSteamにてセールを実施中。通常価格1980円のところ、12月18日まで75%オフの495円で購入できる(日本語非対応)。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog