ゲームパッド付携帯型PC「GPD WIN 2」スペック公開。前モデルの約2倍の性能で『GTA V』も動く、来月Indiegogoにて販売開始

中国GPD社は12月14日、「GPD WIN 2」を正式発表しスペックを公開した。GPD WIN 2は、昨年発売された小型ノートPC「GPD WIN」の後継機だ。GPD WINは、ディスプレイが5.5インチという小型サイズながらフルバージョンのWindows 10が動作し、ゲームパッドを搭載していることからPCゲームを手軽に楽しめることで人気を得た。

スポンサーリンク

GPD WIN 2は、基本的なデザインは前モデルを踏襲しながら、アナログスティックと十字キー/ボタンの配置が逆になり、バンパーボタンは増設されている。入力方式はマウスモードとXInputモードの2種類に減るようだ。またキーボードのレイアウトも一部変更されるなどの違いも確認できる。Redditに投稿されたGPD WIN 2の主なスペックは以下のとおり。

SoC: Intel Core m3-7Y30
RAM: 8GB LPDDR3-1866MHz
ストレージ: 128GB M.2 2242 SATA 3.0(ユーザーによる換装可能)
ディスプレイ: 6インチ 1280x720p シャープ製タッチスクリーン Gorilla Glass 4
OS: Windows 10 Home 64bit
WiFi: 802.11 a/ac/b/g/n 2.4G/5G
WiDi: 対応
Bluetooth: 4.2
入出力: USB Type-A 3.0/USB Type-C 3.0/MIcro HDMI/MicroSD/3.5mmヘッドフォン
バッテリー: 9800mAh(4900mAh x 2)3.8v/37.24Wh
重量: 460g
外形寸法: 162 x 99 x 25 mm
 

筐体のデザインは、レッド・ドット・デザイン賞を受賞したチームによるものだという。素材は前モデルと同じくABS樹脂製だが、ディスプレイ背面の周囲には交換可能なマグネシウム合金製のカバーが付く。スピーカーはステレオで、内部には振動機能を搭載。冷却機構にはヒートシンクと自動制御のファンを用い、前モデルよりも8倍の冷却効率を実現しているとのこと。また、USB PD 2.0対応により、30分間で50パーセントの充電が可能だとしている。

GPD社はGPD WIN 2上で『BAYONETTA(ベヨネッタ)』をプレイする映像を公開している。グラフィック設定は不明だが、スムーズに動作しているようだ。GPD社の共同オーナーWade Wang氏から許可を得たという別のRedditへの投稿では、いくつかのゲームタイトルについてフレームレートを前モデルと比較したグラフがあり、おおむね2倍、タイトルによってはそれ以上のパフォーマンスを実現しているようで、GPD WIN 2では『GTAV』は40fps程度、『Overwatch』では80fps程度で実行可能だとしている。

GPD社は、前モデルの時と同じくIndiegogoでのクラウドファンディングを通じてGPD WIN 2を販売するそうで、2018年1月15日にキャンペーンを開始するとのこと。価格は現時点では明らかにしていないが、出荷時期は来年4月を見込んでいる。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog