追加要素を盛り込んだリマスター版『ロマンシング サガ2』本日発売。Steam/PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチで発売

スクウェア・エニックスは本日12月15日、リマスター版『ロマンシング サガ2』を発売した。対応プラットフォームはPC(Steam、Windows 10)、PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)。価格は3200円で、12月15日から3週間後の1月8日までは20%オフの2550円でゲームを購入できる。

スポンサーリンク

『ロマンシング サガ2』は1993年にスーパーファミコン向けに発売されたRPG。プレイヤーはバレンヌ帝国の歴代皇帝となり領土を拡大しつつ、かつて世界を救ったとされる七英雄と決着をつけるべく対峙する。ストーリーの進行においては「フリーシナリオ」システムを採用しており、自由度の高い攻略が可能なほか、プレイヤーの行動によって異なる物語がつづられる。戦闘に関しては、エンカウントを重ねるほど敵が強くなる形式をとっている。前述した要素に加えて戦闘中に技を覚える「ひらめきシステム」やLP(ライフポイント)システムによるキャラクターロストなど、当時としては前作の路線を引き継ぎつつも多岐にわたる革新的な要素を多く導入したことにより、根強いファンが多い作品だ。

今回リリースされたリマスター版『ロマンシング サガ2』では、2010年にiアプリ版をリリースした際に追加されたコンテンツも実装されている。七英雄の過去が語れる追加ダンジョン「追憶の迷宮」、新シナリオ「ヴィクトールの亡霊」、追加クラス「陰陽師」と「忍者」、強くてニューゲームの追加やイベントの追加など。

本作ではそれらの追加要素に加え、アルテピアッツァによって高解像度化を含めたリマスターが実現。オリジナル版の特徴であった細かいドット絵表現は残しつつ、背景をアレンジ。懐かしくも新しい気分で往年の名作を楽しめる。一部の敵が見せる、滑らかに動くアニメーションも見どころのひとつだ。

熱狂的な支持を得た伊藤賢治氏の音楽もオリジナルのまま楽しめる。ちなみにSteam版は日本語字幕に対応している。オリジナル版を遊んだことのない人もそうでない人も、今回の決定版とも言えるリマスターを遊んでみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog