Wii版『007 ゴールデンアイ』のネットワークサービスが2018年3月に終了。専用サーバーが機能停止

公式サイトより

任天堂は、Wii向けFPS『007 ゴールデンアイ』のオンラインサービスを、2018年3月30日午前10時をもって終了すると発表した。これ以降は『007 ゴールデンアイ』のオンラインにまつわる機能が利用できなくなる。『007 ゴールデンアイ』はNINTENDO 64向けにリリースされたFPSをリメイクするもので、2011年6月にWii向けに発売された。Eurocomが開発を、アクティビジョンが海外販売を担当し、国内版は任天堂が販売していた。

ちなみに海外向けにはHD版がPS3/Xbox 360向けにリリースされている。

任天堂は2014年4月20日にニンテンドーDSおよびWiiを対象としたWi-Fiコネクションサービスを終了していたが、あくまでこれらの判断が影響するのは、任天堂の主導するWi-Fi-コネクションサービスを利用していた作品のみ。アクティビジョンが専用サーバーを用意していたとされているWii向け『007 ゴールデンアイ』、『Call of Duty』シリーズは依然として稼働していることが報告されていた。しかし、国内向けの『007 ゴールデンアイ』のネットワークサービスも2018年3月30日をもって終了するようだ。

スポンサーリンク

気になるのは、サービスが終了となる理由だ。つい先日、TheZeroReviewは『007 ゴールデンアイ』における権利関係の複雑さが軽減されると報じていた。同作はさまざまな会社が権利を保有しているが、発売から20年経過したことで解消されていく旨の報道である。確かにアメリカ合衆国税関・国境警備局における著作権データベースの該当ページでは、ニンテンドー・オブ・アメリカが1997年12月10日に取得した著作権が2017年12月10日に期限切れ(expired)になったとされている。こうした著作権に関連する問題により、国内販売は任天堂が担当する同作品のサービスが終了するのではないかと推測することもできる。

ただしアメリカでの著作権の保護期間は原則70年、国内では50年とされており、やや辻褄が合わない。この件についてはコミュニティなどで議論が交わされているが、情報が錯綜しているのが現状だ。こうした権利関係がなんらかの形で絡んでいると考えることもできるが、根拠は不足している。今回のサービス停止とは別として、『007 ゴールデンアイ』が複雑とされている権利問題からもし解放されるのならば、同作のファン向けの新たな作品の登場にも期待できるかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog