『ゼノブレイド2』新クエストなどがDLC購入者向けに配信開始。ついに「ボイススキップ」機能実装によりゲームテンポも向上

任天堂は本日1月19日、ニンテンドースイッチ向けRPG『ゼノブレイド2』向け更新データVer. 1.2.0と、「エキスパンション・パス」の追加クエストおよびアイテムを配信開始した。追加コンテンツは税別2,778円で販売されている「エキスパンションパック」を購入したユーザー向けに配信されている。

スポンサーリンク

今回の配信の目玉はやはり第一弾となるクエストの配信だろう。約5個のクエストが膨大な量のクエストに加わり、本作の世界をさらに掘り下げることになるだろう。

配信されたクエストは以下のとおり:

・職人の受難 受注可能:2話~
・行方不明のノポン 受注可能:3話~
・廃工場探検ツアー 受注可能:5話~
・深夜の食堂 受注可能:7話~
・物見兵 受注可能:10話~

また第三弾となる追加アイテムの配信も開始している。第二弾と同様にコアクリスタルなどがセットとなっており、さらにトラやハナJSの好物アイテムが手に入る。なお、オーバードライブの配信は前回の3個から1個へ減少している。

配信されたアイテムは以下のとおり:

・ドライバー必需品セット2(レア・コアクリスタル 10個/エピック・コアクリスタル 1個/オーバードライブ 1個)
・トラの好きなもの(ジューシーサモ 3個)
・ハナJSの好きなもの(ぷちぷちじゅーす 3個)
・魅惑のドライバー装備(アクセサリー:オートバランサー 1個)
 

そして今回のアップデートVer. 1.2.0ではついに「ボイススキップ」機能が実装された。メニューでのボイス演出中にAボタンもしくはBボタンを押すことでボイスがスキップできるようになった。これによりキズナリンク開放におけるセリフや傭兵団帰還のセリフを長々と待つ必要がなくなった。またポーチを使っての信頼度の上げも格段に楽になるだろう。そのほか、状況によっては進行不可に陥っていたサブクエスト「メノウの意志」による問題も修正されている。いくつかのサブクエストがメインストーリー上の進行とは関係なく進められるようになった。

新クエストの追加もさることながら、待望の「ボイススキップ」機能が実装され、さらに快適にプレイできる環境が提供されている。「マップの改善」「TIGER TIGERの低難易度追加」「ボイススキップ」などプレイヤーのフィードバックを受けながら調整が進んでいく『ゼノブレイド2』。次回の更新では「ナナコオリの挑戦」の調整を期待したい。

なお「エキスパンションパック」追加コンテンツのスケジュールとしては、「新たなレアブレイドの追加」が2018年春、「強敵とのチャレンジバトル」が2018年夏、「全く新たなオリジナルストーリー」が2018年秋に配信される予定だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog