『Civilization IV』のリードデザイナーが手がけるターン制ストラテジー『10 Crowns』発表。戦略ゲームの原点回帰を目指す

スウェーデンを拠点とするパブリッシャーStarbreezeは 現地時間2月5日、『10 Crowns』を発表した。『10 Crowns』は『Civilization IV』のリードデザイナー、AIプログラマーとして知られるSoren Johnson氏がCEOを務めるMohawk Gamesが開発を手がけるという。

スポンサーリンク

『10 Crowns』は、世界史に名を遺す偉大な王朝を建国する壮大なスケールのターン制ストラテジーだ。開発を手がけるMohawk Gamesは、前述したように『Civilization IV』のリードデザイナーSoren Johnson氏がCEOを務めるほか、『Civilization V』のアートディレクターを務めたDorian Newcomb氏など業界歴の長いベテランクリエイターにより構成されているとのこと。Mohawk Gamesは、エレガントでリプレイ性の高いシステムで、長年にわたって楽しめるゲームの開発を目指して、2013年にSoren Johnson氏とDorian Newcomb氏、Brad Wardell氏によって創立された。同スタジオにとっては、本作は『Offworld Trading Company』に続く2作品目のゲームとなる。

プレスリリースにて、StarbreezeのCEOであるBo Andersson Klint氏は「熱心な『Civilization IV』のファンでありゲーマーのひとりとして、クラシックなストラテジー・ジャンルに新鮮味を与えてくれること間違いなしの『10 Crowns』に、興奮を抑えきれないよ」と語っており、同作への期待の大きさがうかがえる。Soren Johnson氏は「『10 Crowns』では、クラシックな歴史4Xストラテジーにいくつかの重要で革命的なイノベーションをもたらすために、我々のゲーム開発の原点に回帰したんだ。Mohawkでは皆、『10 Crowns』でStarbreezeとともに仕事ができることに興奮しているよ」とコメントしている。

※4Xとは「explore(探検: マップ周辺にある未発見情報をあきらかにする)」、「expand(拡張: あらたな植民地を作成したり既存の領地を開発したりして、影響力を拡大してゆく)「exploit(開発: プレイヤーの持つリソースを使用して効率を上げてゆく)「exterminate(殲滅: ライバルプレイヤーを攻撃して排除してゆく)」の4つのXをそなえたゲームを区分するサブジャンルのひとつ。詳しくは弊誌の記事「サブジャンル「4X game」の変遷と憂鬱」を参照していただきたい。
 

Soren Johnson氏は、2008年のGame Developers Conferenceにて「プレイヤーを楽しませ、最後にはうまく負けてあげるのが良いAIである」という持論を語るなど、ゲームのAIへの強い信念を持つことで知られている。一方でスタジオの公式サイトでは、Mohawk Gamesの名前の由来であるモホーク刈り(日本におけるモヒカン刈り)の写真を公開するなど、ユニークな一面も持ち合わせている。本作でも、プレイヤーを楽しませる質の高いAIや意外なユーモアに期待したい。

今回パブリッシャーとなるStarbreezeは『The Chronicles of Riddick: Assault on Dark Athena』、『Payday 2』、『Brothers: A Tale of Two Sons』、『Overkill’s The Walking Dead』などのヒット作を数多く手がけてきたスタジオ。近年は『Dead by Daylight』、『Psychonauts 2』、『System Shock 3』など、話題作のパブリッシャーとしても存在感を示している。

『10 Crowns』は現在開発中で、発売日などは現時点では未定だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog