『ABZÛ』『Firewatch』『Rain World』の国内PS4版が配信開始(日本語対応)。PS Plus会員は2月20日まで値引き価格

国内PlayStation Storeにて2月7日、『ABZÛ』『Firewatch』『Rain World』のダウンロード販売が開始された。海中・森林・廃墟とそれぞれ舞台は異なれど、いずれも美しい世界の中を探索できるという、共通の魅力を持っている。なおPlayStation Plus会員であれば2月20日までの期間限定で、各タイトルを値引き価格で購入できる。

『風ノ旅ビト』のクリエイターが設立した新スタジオGiant Squidが送る『ABZÛ』は税込2424円(PS Plus会員はセール期間中10%オフの2181円)で販売中。色鮮やかな水中世界を探索するダイビングアドベンチャーゲームであり、海の色彩と生命を描くことにあふれんばかりの情熱が込められている。何百種類もの魚介類を発見し、ゆらゆらとたわむれながら、謎の遺跡が眠る海の底へと潜っていく。見て美しい、触れて心地よい、どこまでも心やすらぐアーティスティックな作品である。

スポンサーリンク

続いてCampo Santoが開発した『Firewatch』が日本語字幕に対応し、税込1980円(PS Plus会員はセール期間中30%オフの1386円)で発売中。ダイナミックテーマも別途販売されている(ゲーム本編とセットになった「ダイナミックテーマセット」もあり)。本作は米国・ワイオミング州の自然保護区を舞台に、森林火災監視員として働くヘンリーと、上司である女性監督官デリラの交流が描かれる一人称視点のミステリーアドベンチャーゲーム。プレイヤーは荒野の景色を堪能しながら、森林公園内で起きた不思議な事件の真相や、ヘンリーが負った心の傷の深部に触れていく。なおSteam/Mac App Store版もいずれ日本語に対応予定であることが示唆されている (該当ツイート)。

なめくじ猫の冒険を美麗なピクセルアートで描いた『Rain World』は税込2400円(PS Plus会員はセール期間中20%オフの1920円)で販売中。2017年3月にPCおよび海外PlayStation 4向けに発売された2Dサバイバル・アクションゲームであり、国内窓口は架け橋ゲームズが担当。生態系が崩壊した世界にて、はぐれてしまった家族と再会を果たすため、なめくじ猫(Slugcat)が過酷な環境下でのサバイバル生活を始める。果実を採取し虫を捕食し、豪雨を避けるためシェルターを探しつつ、もの寂しくも美しい世界を旅する。多種多様な生物たちの食物連鎖を忠実に描いた、高難度のアクションゲームとなっている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog