スタイリッシュサラリーマンアクション『Assault Spy』2018年5月にSteam早期アクセス配信へ。日本人開発者が手がける

NIS Americaは本日2月10日に、『Assault Spy』の早期アクセス版を5月にSteamにて配信すると発表した。英語のほかに、日本語にも対応予定となっている。

『Assault Spy』は以前弊誌でも紹介した3Dアクションゲームだ(紹介記事)。開発を手がけているのは個人開発者Katutoji氏。制作にはUnreal Engine 4が使用されている。主人公のサラリーマン風の男アサルは実は大企業のスパイであるという。その危険な任務を遂行するためのオフィスを中心としたアサルの熾烈な戦いが始まる。

スポンサーリンク

『Assault Spy』の特徴は、そのスタイリッシュさだ。アサルはカバンを使い相手を殴り倒し、さらには名刺を飛び道具として使い追撃するといった、スピードあふれる戦闘が展開される。地上で叩いた敵を売り上げ、宙に浮いた敵にさらなる攻撃を打ち込むような華麗なコンボを決めることも可能。スムーズかつスピーディな戦いが繰り広げられるのだ。アサルのほかに仮面をつけた金髪の女性キャラクター(アメリア)も操作できるようだ。

トレイラーを見ると画面の右側にはランクと数値のようなものが表示されている。スコアもしくはコンボによってこのランクは変化していくのだろう。一見難易度は高そうに見えるが、Katutoji氏は以前弊誌に「『Assault Spy』は操作のうまい人のみが楽しめるゲームではなく、あまりアクションゲームが得意でない人でも気持ちよくプレイできるように開発されている。」と語っていた。ユーザビリティについてもかなり意識しているようで、ロード時間や高フレームレート、ユーザーインターフェースやわかりやすさ等、さまざまな点について気をつかっているとのこと。

今回はそれほど多くの情報が明かされなかったが、NIS Americaというパートナーの協力を得て発売に大きく前進したといえる『Assault Spy』。Katutoji氏のTwitterには非常に多くの動画などが公開されているので、発売が待ち遠しい方はこちらをチェックしてほしい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog