脱衣&竜狩り2Dアクション『Dragon Knight』日本語音声付きで正式リリース。今ならお値段199円

SakuraGameは2月9日、脱衣2Dアクション『Dragon Knight』を正式リリースした。対応プラットフォームはWindows/Mac(Steam)で、通常販売価格は398円。2月23日までのプロモーション期間中は50%オフの199円で購入できる。

最近ではもっぱら、国産同人ゲームの英語・中国語ローカライズ業務により存在感を発揮しているSakuraGame。そんな彼らが自ら開発していた初期作品が『Dragon Knight』である。早期アクセス販売を開始したのは2016年11月。当時目標としていた2017年5月の正式リリースは果たせなかったが、延期中に日本人の声優陣をむかえて日本語音声に対応。テキストの多くは機械翻訳のようでおぼつかないものの、ボイス有りのセリフに関しては自然な日本語に仕上がっている。なお同名の美少女RPG『ドラゴンナイト』とは無関係である。

スポンサーリンク

早期アクセス時は、巨乳の見習い騎士が一人前の竜騎士(ドラゴンナイト)を目指してモンスターだらけの「試練の道」を踏破するという設定であったが、現在はまったく異なるストーリーにつくり直されている。主人公「ソー」は、ドラゴンナイト「ベネト」の養子として育てられた女性ハンター。かつて「龍淵天災」を起こしたとされる伝説の黒龍アポソーを討伐すべく旅に出る。道中では女性武士や妖精といったキャラクターたちとの出会い(とお色気イベント)を挟みながら、彩鳥龍、氷狼龍といった竜族を狩っていく。

当初はルート分岐のある2Dマップであったが、現在は横長の道をひたすら進む構造につくり変えられている。単調になってしまったことは否めないが、操作キャラクターは横方向への攻撃・回避しかできないため、縦の広がりがない方が戦闘時のストレスが少なくてすむ。基本操作は弱・強攻撃、回避/防御、必殺技、アイテムの使用。強攻撃は体力(スタミナ)を、必殺技は発動ゲージを消費する(前者は与ダメージにより、後者は与ダメージと時間経過により溜まっていく)。また敵の攻撃をタイミングよく回避することで、カウンター攻撃を仕掛けられる。

武器は片手剣・大剣・双剣・オノ・弓矢などがあり、それぞれ技のコンビネーションや必殺技が異なる。また武器種が同じでも、ものによって違った必殺技を発動できる。敵をたおして宝箱をひらき、ランダムで手に入る装備品を取捨選択しつつ、先へ先へと進むのだ。武器だけでなく防具も種類によって体力や防御力の補正効果が異なる。もちろん脱衣アクションということでダメージを受けると服がやぶけ、徐々にハレンチな姿になっていく。ただしHPがなくなり死亡するとスタート地点からやり直しとなるため、脱がしたいという欲求はある程度抑えねばならない。

死亡すると初期装備に戻るが、習得済みのスキルはそのまま残る。かつてはゲームオーバー後でないとスキルツリーにポイントを振れなかったが、現在はステージクリアごとに習得機会が与えられる。この仕様変更のおかげで、初見でもクリアまでたどり着きやすくなった。うまくいけば一回(1時間ほど)でゲームを終えることも可能だろう。

スキルツリーにポイントを振り、攻撃力・防御力・会心率などを上げる

被ダメージによる脱衣だけでなく、女性キャラクターたちのあられもない姿を切り取った挿絵も含まれている。アートワークの担当者が変わったのか、立ち絵も早期アクセス時より豪華。コンパクトなゲームではあるが、ワンコインの低価格でお色気と竜狩りを味わいたい方は購入を検討してみてもよいだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog