『ドラゴンボール ファイターズ』Steam版のプレイヤー数が初日から80%減。ロケットスタートから一転、2週間人が消え続ける

国内向けには2月1日に発売された『ドラゴンボール ファイターズ』。同日には全世界の出荷がシリーズの最速のペースで200万本を突破したと報告しており、その好調さがうかがえる。また国内未発売のSteam版においては、近年の格闘ゲームにおける最多プレイヤー数を記録していることが観測されていたが(関連記事)、実はそのプレイヤー数には陰りが見えてきているようだ。

Image Credit : Githyp

SteamやTwitchのデータを分析するメディアGithypは、先週末(2月11日)における『ドラゴンボール ファイターズ』のプレイヤーのピークが9000人を超える程度だったと報告している。この数字は決して少ない部類の数字ではないが、発売日である約2週間前が約4万4300人であったことを考慮すると、プレイヤー数が約80%減ったことになる。プレイヤー数は発売日をピークに下降していくものであるが、2週間で8割ものプレイヤーがいなくなったという事実はショッキングだろう。特にコンテンツの楽しさが、人口に依存するマルチプレイヤーゲームにおいて、その数字の持つ意味は大きい。では『ドラゴンボール ファイターズ』のプレイヤー離脱は何が原因だったのだろうか。

スポンサーリンク

 

ゲーム内容によるものではない

『ドラゴンボール ファイターズ』は、ゲーム自体は高く評価されている。Unreal Engine4を使用して描かれるアニメさながらのグラフィック、「ドラゴンボール」らしさを盛り込んだ演出、初心者でも入っていきやすいながらも奥深い戦闘など、多岐にわたり高い評価を獲得している。Steamレビューは依然として非常に好評(very positive)であるので、高い評価が揺らいだというわけではない。

ただし、オンライン環境となると話はやや違ってくる。『ドラゴンボール ファイターズ』においてはPlayStation 4/Xbox One版も含めてサーバー稼働およびマッチングに問題があるのではないかと指摘されている。これはマッチングが適切ではないというものではなく、そもそもマッチングがされないというもの。ピークタイムのような人がいる時間でもうまくつながり続けるか、もしくは全くつながらないかというマッチング状況になりがちだとSteamレビューにて報告されている。

実際にSteamの不評レビューのほとんどが、サーバーやロビー、マッチングの不安定さを指摘するものだ。「ゲーム自体はいいのにサーバーが…。」そんな嘆きの声で埋め尽くされている。快適なオンライン対戦が楽しめなければ、マルチプレイヤーゲームの人口が減っていくのは自然な流れだ。

長時間遊ぶプレイヤーらの「惜しい」という声が目立つ

またSteam自体が格闘ゲームを成功させ“続ける”のには過酷な市場であるとされている。昨年7月に発売された『鉄拳7』も同様にSteamレビューステータスは非常に好評とされている。かつプレイヤーのピーク数は1万8700と悪くない出足であったが、最終的に2か月後にはその数を80%減となる3700人としている(SteamCharts)。『鉄拳7』は内容・オンラインともに安定した評価を獲得していたが、それでも大きく減ってしまうのだ。『ドラゴンボール ゼノバース』もほぼ同じ推移であり、Steamの格闘ゲームは多かれ少なかれこの傾向をなぞらえる動きが見られる。

またあくまで憶測の域を出ないものの、Steamにおいては常連タイトルが強力であることが理由としてあげられるだろう。プレイヤーランキングを見ると、その強さは歴然。早期アクセスのカードゲーム『Slay the Spire』などの健闘が目立つが、トップ25のほとんどがおなじみのタイトルだ。プレイヤーベースが固定されており、かつその数字およびランクがSteamによってはっきりと開示されている。どれを遊べば間違いない(人がいる)かが可視化されているのだ。より人気のあるタイトルに注目が集まりやすく、そこに割って入っていくのが困難なシステムと考えることもできる。

“いつものメンバー”が目立つプレイヤーランキング

くわえて、そもそも昨今ではマルチプレイゲームが多く、プレイヤーの奪い合いが熾烈であるという側面も見逃せない。弊誌ではこれまで『LawBreakers』や『H1Z1』(関連記事)、そして『Gigantic』といったマルチプレイゲームの過疎による不振を報じてきた(関連記事)。マルチプレイゲーム自体が飽和状態であること、さらにはマルチプレイヤーゲーム自体がフレンドを巻き込んだチーム協力やインセンティブなど横へのつながりを強化する傾向にあるなかで、1vs1でひたすら戦い続けるという硬派なシステムを軸にしているという点では『ドラゴンボール ファイターズ』に限らず、格闘ゲームがゲーム内容を評価されながらもSteamなどでプレイヤーを定着させられないのは決して不自然な現象ではない。

とはいえ、Steam版『ドラゴンボール ファイターズ』は決して終わったわけでもない。1日で平均してもまだ約5000人ものプレイヤーがゲームを遊んでいる。さらにはSteamSpyデータでは25万人以上のプレイヤーが同ゲームを所有している。オンライン環境が安定し、さらに何かきっかけがあればふたたび盛り上がる可能性も残されているのだ。25万本をゴールとするのか、さらなる売り上げを伸ばすために新たな一手を見せるのか。バンダイナムコエンターテインメントの動きに注目したい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog