『メタルギアソリッドV』の核廃絶イベント誤発動は「不正な値の受信」が原因。核兵器オーバーフロー説がより有力に

PC版『メタルギアソリッドV ファントムペイン』にて核廃絶イベントが誤発動した原因を、公式ツイッターアカウントが発表した。投稿内容によると、同イベントが発動した2月2日付けで「核保有数0」という発生条件は満たされていなかったものの、「サーバー側が不正な値を受信したことにより、全ユーザーの核保有数が0であると認識」。再発防止のため、2月13日のメンテナンスにて対策機能が搭載された。なお今回影響を受けていたのはSteamで販売されているPC版のみで、コンソール版ではイベントは発生していない。

スポンサーリンク

核廃絶イベントとは、プラットフォーム別のサーバ上から全ての核兵器が廃棄され、総核兵器数がゼロになったときに発動するカットシーンのことである(関連記事)。本作における核兵器には、オンライン要素であるFOBミッションにおいて他プレイヤーからの報復を抑制する効果がある。イベント発生条件が公開されたのは発売から約2か月後の2015年11月(公式サイトや公式コンプリートガイドブックにて)。プレイヤーが「抑止力としての核保有」のメリットを知り、手放せなくなってきたところで核廃絶というもうひとつの選択肢を提示したのだ。

それからというもの、コミュニティ内では反核派と核拡散派の対立が生まれ、イベントシーンの自然発生がより一層困難になった。カットシーン自体はデータ解析により動画サイトを通じて広まっていたが、実機にて正規ルートで発動したことは一度もない。2018年に入りSteam版の核兵器保有数は減少傾向にあるとはいえ(2017年12月:約1万1500発、2018年1月:7533発)、2000発以内におさまっている他プラットフォームと比べると、核なき世界の訪れはまだまだ遠い。

※redditユーザ「Swerverdude」氏が投稿したイベント映像

上記のイベント映像によると、プレイヤーが開発した核兵器の総数は「21億4748万3647」。この数字は32ビット符号付き整数の最大値であることから、整数のオーバーフローにより核保有数が正しく認識されず、イベントが誤発動したのではないかという推測がコミュニティ上で繰り広げられていた(reddit)。オーバーフローにより核兵器の開発数が0もしくはマイナスと認識されれば、核保有数も0になるのではないか。核兵器の不正な大量生産により、すべてがFになった(7FFFFFFF)という説だ。そして今回、「 サーバー側が不正な値を受信したことにより、全ユーザーの核保有数が0であると認識」と公式アカウントより発表された。コミュニティの推理は、もしかすると正しかったのかもしれない。

なお関連作品である『メタルギア サヴァイヴ』は2月16日より国内外で第2回オープンベータを実施予定。『メタルギアソリッドV ファントムペイン』と同じアカウントで『メタルギア サヴァイヴ』を購入すると、製品版にてネームプレートやアクセサリーなど特別アイテムが付与される。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog