Steam版『真・三國無双8』正式に日本語字幕非対応に。抜け穴となっていた書き換えによる日本語字幕対応をブロック

コーエーテクモゲームスは、Steam版『真・三國無双8』におけるアップデート01.01を実施した。いくつかの不具合のほか、特定の方法でサポートしていない言語を選択できてしまう不具合を修正したと記されている。

スポンサーリンク

*海外版トレイラー

やや曖昧な表現であるが、結論からいうと「日本語および中国語の字幕表示が正式に非対応」になった。Steam版『真・三國無双8』は日本語音声には対応しているものの、日本語・中国字幕には非対応だった。ただし、内部には両言語ともに字幕データが存在していることが確認されており、レジストリの値を書き換えることで字幕対応の状態で遊ぶことができた。今回のアップデート01.01では、この抜け穴である書き換えをブロックしたことになる。

今回の対応を受けて、Steamコミュニティには中国人とみられるユーザーによる抗議の投稿が相次いでいる。SNSなどでは日本語字幕で同ゲームを遊んでいたとみられる日本人ユーザーの落胆の声も散見される。これまで権利や使用料の関係で音声を使用できないという事例は報告されており、権利にまつわる話についてはそれらしき理由が提示されてきた(関連記事)。

しかし日本語字幕を抜いての発売については、マーケティング的な意味合いは強いだろうが、その理由ははっきりせず謎は多い。日本語音声のみで発売され、かつ内部に字幕データが残っており、それを使用することも封じられたという経緯は、購入したユーザーにとっては不満が残るだろう。サポートしていない言語が表示されていたことを修正したというのは企業の対応として誤っていると一概には言えないものの、内部に字幕データに存在し、国内未発売のXbox One版でも日本語と音声ともに収録されている日本語字幕を、なぜSteam版のみ省いたのかが気になるところ。『無双☆スターズ』『討鬼伝2』『仁王』が日本語字幕・音声に対応しており、好評を博していただけになおさらだ。

今回の件は、日本人ユーザーのみならず、Steam市場で強い影響力を持ちつつある中国ユーザーから反感を買ってしまったことは否めない。コンソール市場以上にレビューやユーザーの評価が売れ行きを左右するSteamにおいては、今回の件はSteam版『真・三國無双8』になんらかの影響を及ぼすだろう。これまでSteamにて多くのタイトルをリリースし、着実に土台を固めてきたコーエーテクモゲームスの次なる対応に注目したい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog