ニンテンドースイッチ版『コード・オブ・プリンセス』発表。『ガーディアンヒーローズ』スタッフらにより作られたアクションRPGがパワーアップ

Pikii合同会社は本日3月8日、『Code of Princess(コード・オブ・プリンセス)EX』を発表した。対応プラットフォームはニンテンドースイッチで、発売時期は2018年夏を予定している。『コード・オブ・プリンセス』はアガツマエンタテインメントより2012年4月にニンテンドー3DS向けに発売された2DアクションRPG。スタジオ最前線とリリースユニバーサルネットワークが開発を手がけていた。

スポンサーリンク

『Code of Princess EX』は同作のパワーアップ版となるようだ。グラフィックは同ハードに合わせてHDリマスターされるほか、動きもさらになめらかになるという。さらにAIの向上やゲームバランスの調整がなされるようだ。そのほか、オンラインでの4人までの協力プレイに対応することに加え、ローカルでの2人プレイに対応するとのこと。

同作のキャラクターデザインは『ストリートファイター』シリーズにも携わった、西村キヌ氏が担当している。プログラムやゲームデザインは、かつてトレジャーに所属していた右京雅生氏が担当。企画原案、敵キャラクターデザイン、モーション監督は、同じくトレジャーに在籍していたはん氏が担当。ともに『ガーディアンヒーローズ』の開発に関わっており、同作の流れを汲んだ作品としてプロモーションされていた。さらに楽曲制作には『ゼノブレイド』にACE+として携わった音楽ユニットACEも参加していた。

ゲームも、西村キヌ氏がデザインしたキャラクターが滑らかに動いたり、コンボを重視したテクニカルな戦闘など、ベースとなる部分は一定の評価を獲得していた。プレイアブルキャラクターの多さといった本作独自の魅力も多かった。一方で、戦闘については攻撃が当たるたびにずっしりとしたヒットストップが発生するスローなテンポで展開されたほか、マシンスペックの影響からか、状況によっては処理落ちが発生することも少なくなかった。さらにネットスラング(wの多用など)やパロディを多用するシナリオテキストについては賛否両論。光る部分はあるものの、ユーザーによっては特に好き嫌いが大きく分かれる作品であったといえよう。

ニンテンドースイッチ版では、前述したように戦闘についてはテコ入れされているようだ。評価を下げる原因であった処理落ちや敵のAI、戦闘バランスの見直しがはかられているという点は期待が高まる。しかしテキストについては、もともと賛否両論の多い部分であったほか、その時代に準じた内容であるので書き直しされていなければ、やや古さを感じさせるかもしれない。Steam版もすでに発売されているので、こうしたフィードバックを蓄積し、パワーアップしてリリースされるニンテンドースイッチ版に期待したい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog