数々の名作を生んだゲームエンジン「GAMEMAKER STUDIO 2」がついにニンテンドースイッチに対応。スイッチ版『Undertale』と同時発表

YoYo Gamesは本日3月9日、同社のゲームエンジン「GAMEMAKER STUDIO 2」をニンテンドースイッチ向けに対応させることを、プレスリリースを通じて発表した。Nintendo Everythingなども同時に報じている。正式な対応時期は2018年夏を予定。「GAMEMAKER STUDIO 2」は2Dゲームの制作に特化したゲームエンジンで、同エンジン製としては『Undertale』や『Hyper Light Drifter』、『VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)』といった数多くの高評価作品が生まれた。

スポンサーリンク

ニンテンドースイッチは、ハードの特性やユーザーとの相性などもあり、すでに2Dのインディーゲーム作品との抜群の相性を見せていた。しかし「GAMEMAKER STUDIO 2」はニンテンドースイッチを代表に任天堂ハードに対応しておらず、移植する際にはプログラムレベルの作り直しを進める必要があった。

しかし今回の発表により、そうした作品もニンテンドースイッチへ移植できるようになった。あわせてニンテンドースイッチ版『Undertale』も発表されている。『Undertale』は「GAMEMAKER STUDIO」製の作品であるので、バージョン移行も含めて2だけでなく、幅広いサポートがなされそうだ。今後同エンジン製の作品の移植は活発になることだろう。GAMEMAKER STUDIO製のタイトルは同社のShowcaseページから確認できるので、今後移植されるかもしれない作品を今のうちに見ておくといいかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog