周辺機器メーカーが販売するUSBアダプタのアップデートにより、ニンテンドースイッチにてXbox One Sのコントローラーが使用可能に。PS4コンに引き続き

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)やPCで多様なコントローラーを利用可能にする8Bitdo Wireless USB Adapterにて、ファームウェアアップデートが実施された。ファームウェアのバージョンはv1.13 。今回のアップデートにて新たに、ニンテンドースイッチ上においてXbox Oneのワイヤレスコントローラーを使った操作に対応。アップデートログは同社の公式サイトにて確認できる。

スポンサーリンク

8Bitdo Wireless USB Adapterは、USBアダプターをPCやゲーム機と接続することで、さまざまなコントローラーを利用可能にするワイヤレスUSBアダプターだ。ニンテンドースイッチやPC(X-input / D-input)、Macなどにて、ニンテンドースイッチのJoy-ConやProコントローラー、Xbox Oneコントローラー、PS4(DUALSHOCK 4)、PS3(DUALSHOCK 3)、Wiiリモコン、Wii U PROコントローラーでプレイすることができる。

製品マニュアルによると、PS4ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)とXbox Oneワイヤレスコントローラーは共に、Nintendo SwitchとPC(X-input)の振動機能に対応。その他のコントローラーやハードウェアでは、振動機能非対応となっている。ただし、Nintendo SwitchのHD振動には非対応。最新ファームウェアでDUALSHOCK 4の振動機能が二段階で調節可能になっている。振動機能への対応は不十分だが、PCやニンテンドースイッチでPS4やXbox One、あるいはもっと古いゲーム機のコントローラーが利用できることのメリットは大きい。新たにコントローラーを買い足す必要がないことはもちろん、慣れたコントローラーを使いたいという場合には、使用を検討する価値がある製品といえるだろう。

ただし、本製品の使用にはいくつか注意が必要だ。まず製品購入後、ファームウェアのアップデートにはPCが必須の上、ある程度の知識が必要となる。実際、製品のレビューではUSB3.0ポートからではアップデートできないなどの不具合が報告されている。(USB2.0ポートであれば問題ないようだ。)
さらに、本製品は公式ライセンス製品と違い、使用可能であることをゲームメーカーが補償しているわけではないことにも留意していただきたい。ゲームによっては動作しない、反応が遅いといった不具合は充分に考えられるし、ゲームメーカー側のアップデートによって使用不可になるといったケースもあるだろう。

また、筆者が確認した範囲では8Bitdo Wireless USB Adapterのパッケージには技適マークの表示がないようだ。総務省のサイトによると「技適マークが付いていない無線機は、「免許を受けられない/違法になる」恐れがありますので無線機を購入・使用する際は十分ご注意下さい。」と記載されている。同社の他の製品には技適マークが表示されているものもあることから、本体などに刻印されてある可能性もあるが、本製品の使用には充分注意していただきたい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog