ルイージに“性器”は存在するのか。海外コミュニティがマリオの乳首に続きルイージの股間に注目、独自の計算式によりその大きさが測られる

海外のゲームコミュニティの間で、ルイージの股間に対する注目が集まっている。きっかけとなったのは、ニンテンドースイッチ向けに6月22日に発売される『マリオテニス エース』の写真。3月9日のNintendo Directにて発売日が明かされた同作は、公式ホームページにて新たなイメージ画像を掲載した。ユーザーはこの画像の中の「ルイージの写真」に対し熱い視線をおくっていた。

スポンサーリンク

注目が集まったのは、ルイージがテニスをしながらラケットが破壊されているという姿ではなく、その股間だ。白いテニスウェアズボンをよく見ると、うっすらと膨らみが見える。この部分には、陰茎が存在すると考えられる。男性キャラクターにはあって当然のものだと思われるが、「マリオ」シリーズではこうした性にまつわる描写はされてきておらず、存在するかすら謎に包まれている。そしてこの膨らみに対する関心を止められないユーザーは、その大きさを測り始めてしまった。

テニスラケットの大きさは一般的に73.7cm以内であるとされている。ラケットのサイズもピンきりであるが、ひとまず採用されることの多い71cmと定義する。そしてこの画像には、テニスラケットが映し出されている。画像内のラケットのピクセルを71cmとし、この変換による計算をあてはめることで、ルイージの身長や“ナニ”のおおよその数字を測ることができるようになったというわけだ。結論から言えば、ルイージの“それ”のサイズは9.3センチ(3.7インチ)となるようだ。この奇妙な計算をおこなったTumblrユーザーfortooate氏は、これらはあくまで憶測を重ねての計算に過ぎないこと、そしてこの数字は部分勃起状態のものであるということを留意してほしいと強調している。

*同氏のTwitter向けの投稿

この画像を凝視してみると、その膨張は性器の存在を感じさせるようにも見えるし、単なる影によるものにも見える。ルイージが『スーパーマリオ オデッセイ』に登場した際には、股間は平面だった。一方で、『マリオテニス エース』のほかのスクリーンショットを見てみると、確かに股間に膨らみがあるようにも見える。ショートのテニスウェアのズボンは足の部分にはゆったりとしたスペースが用意されていることが多いが、股間部分については膨らみが目立ちやすい特徴がある(参考リンク:ナイキストア)。一連の描写を通して考えると、ルイージに性器が存在すると考えるのは決して的外れではないだろう。

こちらのスクリーンショットでも、股間に膨らみがあるように見える

このルイージの股間の発見はコミュニティに衝撃を与えた。TheDailyDotVG247Nichegamerなどが多くの海外メディアがこの発見を報道。さらにKotakuは“ルイージの股間式”を用いてクッパの身長が1.2メートル(約4フィート)であると取り上げた。さらにマリオやピーチなどほかのキャラクターもこの股間式によってその大きさを割り出す動きが強まっている。一方で、ルイージに性器が存在するという仮説は、まだまだ論拠に欠けていると大真面目に反論するSlateのようなメディアも存在している。単なるいちゲームキャラクター(成人男性)の性器の有無に、海外コミュニティは注目しているのだ。

『スーパーマリオ オデッセイ』では、マリオの乳首の存在が世間を騒がせた(関連記事)。今回のルイージの性器にまつわる騒動は、Slateの指摘するように憶測の域を出ない部分も大きい。『スーパーマリオ オデッセイ』のプロデューサーである小泉歓晃氏は、騒動ののちにマリオの乳首についても公式にコメントしていた(関連記事)。今回のルイージの性器についても、いつの日か公式の見解が聞けることを期待したい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog