キレ症の『オーバーウォッチ』プレイヤー、セラピストである妻から提案された「認知行動療法」にて対戦の怒りを希望へと転換

Image Credit : SirBenny

【UPDATE 2018/3/24 9:00】
本文の翻訳表現を、より的確なものへと修正しました。

【原文 2018/3/23 15:53】
対戦ゲームにはフラストレーションがつきものだ。もどかしい瞬間があるからこそ勝利の味は格別なものになるだろう。ただし、そうしたフラストレーションが行き過ぎるとエンターテインメントではなくなってしまう。

スポンサーリンク

『オーバーウォッチ』を楽しむredditユーザーSirBenny氏は、フラストレーションに苛まれていた。来る日も来る日も『オーバーウォッチ』をプレイし負けて怒る毎日だったという。そんな状態を見かねた氏の妻(セラピスト)は、とあるワークシートを記入するように勧めたようだ。その様子をPolygonなどが伝えている。

氏が記入したワークシートとは、弁証法的行動療法にまつわるプリントだ。弁証法的行動療法は、認知行動療法の一種とされており、二極化しがちな思考を矯正するために効果的な療法であるという。大筋の狙いとしては、自分の状況を文字化して査定することで、客観的に状況を捉えてポジティブに考えようという試みだ。ワークシートの記入は、シリアスかつ学問的なアプローチでありれっきとした治療なのであるが、今回の話はどこかコメディのようなものとなっている。というのも、氏の記入した内容が笑みを誘うものなのだ。

Image Credit : SirBenny

氏は「『オーバーウォッチ』でのひどい負けっぷり」とタイトルをつけ、日頃の鬱憤を書きなぐっている。フラストレーション、Inferior(劣等)、Hopeless(悲観)の値が特に高くなっているのがわかるだろう。特に注目したいのは自由記入欄。「ネガティブな考え」の欄は、怒りに満ちた心の叫びが聞こえてくる。「チームメイトがマジでゴミ」「自分はシルバーランクより高くあるべきだ」「Blizzardはいつも自分をDiamond smurfs(ダイアモンドランクまで到達し新規アカウントを作ったプレイヤー、初心者狩りともいえる)と戦わせる」「誰も高火力キャラを使わないし、ファラを狩れない」「このまま負け続けるだけだ」と、決して綺麗とは言えない手書きで、その思いが綴られている。

しかし自分の行動を省みた結果、「チームメイトがマジでゴミ」という不満は「自分の失敗から学ぶことができる」というものに。「自分はシルバーランクより高くあるべきだ」という不満は「自分のシーズンランクは的確に反映されている」というものに。「Blizzardはいつも自分をDiamond smurfsと戦わせる」という不満は「smurfs自体が問題の本質じゃない」というものに。「誰も高火力キャラを使わないし、ファラを狩れない」という不満は「タンクやサポートキャラが多いというのは素敵なこと」というものに。「このまま負け続けるだけだ」という悲しみは「まだまだ上達できる」というものになっており、別人かと思えるほど見事に“浄化”されている。

立ちはだかる「ファラ」

redditの当該スレッドでも、自分がなぜシーズンランクを上げられないかなどを話し合っており、極めて客観的に自分の実力を考察している。もはや悟ったと表現しても過言ではない変貌ぶりだ。客観的に物事を考えることで、降りかかる事象をポジティブに捉えることに成功し、見事に発想を転換している。この状態を続くのかは不明であるが、負の感情を著しく抑えることに成功しており、より幸せにゲームを楽しんでいるようだ。

対戦ゲームには不満や怒りはつきものであるが、のめり込み負の感情に覆われ自分が楽しんでいるかどうかすらわからなくなるプレイヤーもいるだろう。こちらのワークシートは『オーバーウォッチ』に限らずさまざまなゲームや物事に当てはめることが可能。SirBenny氏はワークシートのサンプルをPDFで配布しているので、“キレ症”を抱えており改善したいと思っているプレイヤーは、こちらをプリントして記入してみるといいかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog