『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』海外版がPS4/Steam向けに9月発売へ。ダッシュやハードモードなど追加要素導入

【原文 2018/3/28 22:49】
スクウェア・エニックスは『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の海外版である『Dragon Quest XI: Echoes of an Elusive Age』を欧米向けに9月4日に発売するとプレスリリースを通じて発表した。対応プラットフォームはPlayStation 4とSteam。

スポンサーリンク

海外版『ドラクエ11』は、国内版の魅力をそのままに英語音声を新たに収録。またメニューやUIや視覚的・直感的に操作できるように改善したという。描き込まれたキャラクターやモンスター、そして美しい景観を見渡せるように一人称視点カメラを追加。そのほかフィールド上をすばやく動けるダッシュ機能を導入し、キャラクターやカメラの動き中心に多くの部分を改善しているという。さらには、「Draconian Quest」と呼ばれる上級者向けのハードモードと同様のモードを追加するようだ。

スクウェア・エニックス(エニックス)は、『ドラゴンクエスト』シリーズ本編において、国内版をそのまま海外向けにリリースするということはあまりしておらず、ローカライズだけでなくゲームシステムなどに手を入れる、もしくは要素を追加し、欧米向け最適化し発売してきた。今回も同様に世界展開をする上で、さまざまな要素を改良しつつローカライズし発売するのだろう。

ダッシュやハードモードなど、国内の『ドラクエ11』を遊んだファンにとっても魅力的な要素も多いだろうが、現時点では国内向けのアナウンスはされていない。これまでのシリーズ本編の動きとしては、移植に際して海外版を準拠とするケースはあるが、海外版をインターナショナルとして販売するケースはあまり見られない。ただ『ドラクエ11』といえば、ニンテンドースイッチ版が発表されているが、現時点で続報が途絶えている状況だ。ニンテンドースイッチ版は、こうした海外版の仕様を盛り込んだ内容になる可能性もあるだろう。

【UPDATE 2018/3/28 22:56】
本文を一部加筆しました。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog