『ロックマンX アニバーサリー コレクション』2作品が7月26日に同時発売。それぞれXシリーズ4タイトルを収録、グラフィックオプション完備

カプコンは本日4月10日、『ロックマンX アニバーサリー コレクション 1』と『ロックマンX アニバーサリー コレクション 2』を7月26日に発売すると発表した。対応プラットフォームはSteam/PlayStation 4/Xbox One/ニンテンドースイッチで、PlayStation 4とニンテンドースイッチ版はパッケージ版が発売される。価格はパッケージ版が税別3300円で、ダウンロード版が税別3056円(Xbox One版は税別3080円)。

スポンサーリンク

『ロックマンX アニバーサリー コレクション』は、『ロックマンX』シリーズ作品を収録する作品だ。『ロックマンX アニバーサリー コレクション 1』は『ロックマンX』~『ロックマンX4』の前期4作品を収録。『ロックマンX アニバーサリー コレクション 2』は、『ロックマンX5』~『ロックマンX8』までの後期4作品を収録する。両コレクション、つまり「Xシリーズ」のすべてを楽しめる『ロックマンX アニバーサリー コレクション 1+2』のパッケージ版もPS4/ニンテンドースイッチ向けにあわせて発売される。こちらは別々で買うよりお安くなっており、価格は税別5500円となる。こちらはPS4版はディスクのセット、ニンテンドースイッチ版は1のゲームカードと、2のダウンロード番号が含むというやや特殊な形式になっているので注意してほしい。

今回最新ハードで発売されるにあたっては、さまざまなグラフィックオプションが用意されているという。フィルターオフではグラフィックはオリジナルのドット絵となり、フィルター2ではなめらかな補正がかけられたスムーズなグラフィック、フィルター2では懐かしいテイストのブラウン管調のものとなる。過去のドット絵作品の復刻にあたっては、グラフィックのアレンジはセンシティブな問題であるが、このオプションにはファンも納得だろう。なお3D表現を用いる『X7』と『X8』は、高解像度化され美麗グラフィックで楽しめるという。

また新要素として、タッグを組んだ歴代ボスに挑む「Xチャンレジ」が実装されるという。別々のナンバリングタイトルのボスのタッグと戦えるモードになるようだ。そのほか、『ロックマンX』シリーズのコンテンツを揃えたミュージアムモードを実装。ミュージックプレイヤーやギャラリー、PVシアターやグッズカタログのほか、PSP向け『イレギュラーハンターX』に収録されたオリジナルアニメ「The day of Σ」が楽しめる。アンケートの熱烈な要望を受けてプロジェクトが開始されただけあり、シリーズのコンテンツを網羅したファン垂涎のコレクションと言えるだろう。

『ロックマンX アニバーサリー コレクション 1』と『ロックマンX アニバーサリー コレクション 2』は、7月26日に発売予定だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog