ゾンビを撃ち、爆発連鎖させるパズル・シューティング『ゾンビ連続殺人事件』Steam/PLAYISMにて配信開始

弊社アクティブゲーミングメディアが運営するパブリッシャーPLAYISMは4月19日、『ゾンビ連続殺人事件』をSteamおよびPLAYISMにて配信開始した。定価は480円で、4月27日までは10%オフの432円でゲームを購入できる。本作は2012年にリリースされた同人ゲーム『神奈川電子技術研究所シリーズ ゾンビ連続殺人事件』をSteamに向けに発売したタイトルだ。基本はベタ移植ながら定価の約半額でゲームが入手可能。

スポンサーリンク

『ゾンビ連続殺人事件』は、「ゾンビ」をテーマとしたパズル・アクションゲームだ。舞台となるのは、ゾンビが大量発生した街。穏やかな日常は崩れ去り、ゾンビが街を占拠している。プレイヤーは、逃げ惑う少女を守るべく、ゾンビをひたすら撃ち続けるのだ。本作はパズル・アクションゲームと紹介したが、クリック・シューティングとも、パズル・シューティングとも表現できるジャンルの作品だ。プレイヤーは画面内に入ってくるゾンビを撃つだけ。撃つだけなのだが、画面内に出てくる数はやたらと多く、普通に一体ずつ倒していては処理が追いつかない。実はこのゾンビは、基本的に射撃することで爆発する。ゾンビを爆発させ、連鎖させることで効率的に倒していく。

ゾンビにはさまざまな種類が存在し、倒すと広範囲に爆発するものから、死ぬと進行方向にナタを投げるもの、バケツを被っており爆破によるダメージしか受け付けないものまで存在する。また逃げ惑う少女は倒してはいけない。うまくゾンビたちの動きを読みつつ、急所を突くように爆発させていくことが求められる。2012年発売の作品ということもあり、ウィンドウ/フルスクリーンを選べるものの、解像度固定であったり、古さを感じさせる点がいくつかあるが、安価にて手軽に楽しめる作品だろう。神奈川電子技術研究所は5月12日および13日に開催されるBitSummit Vol.6に出展することなので、本作を気に入ったユーザーはチェックしてみてほしい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog