爽快ゴアFPS『Serious Sam 4: Planet Badass』正式発表、E3にて詳細発表へ。「Kamikaze」が登場する予告映像も公開

インディーパブリッシャーDevolver Digitalは、『Serious Sam 4: Planet Badass』を正式発表した。予告映像を公開しており、6月に開催されるE3 2018にて詳細を発表するという。開発元は、長年シリーズを手がけるクロアチアのスタジオCroteam。対応プラットフォームは明かされていないが、Steamページがすでにオープンしている。

スポンサーリンク

これまで長きにわたり、開発されていることが報告されていたが、ようやく正式発表された形だ。予告映像では、自然豊かな景観を楽しむサムに「Kamikaze」が迫り、撃たれてあえなく爆死するというシリーズのおなじみのシーンが映し出されている。久しぶりの新作ということもあり、ビジュアルなどは大きく向上しているが“シリサム”節は健在のようだ。Steamストアには「ゲームプレイは、砂漠よりも残忍なほど大きな規模でおこなわれる」と茶目っ気たっぷりに記されている。

『Serious Sam』では、プレイヤーは武器を片手に迫りくる大量の敵を、殺し屍を積み上げていく。数多の敵を倒していく“撃つ”爽快感が楽しめる作品であり、“トリガーハッピー”な魅力を持つことで古くからFPSゲーマーの支持を得てきた。近年はフランチャイズとして多岐にわたる動きを見せており、見下ろし視点で展開される『Hammerwatch』開発元が手がける2Dアクションゲーム『Serious Sam’s Bogus Detour』や、VR対応の『Serious Sam VR: The Last Hope』を発売。ナンバリング第四作目については、Humbleからの出資を受けるといったニュースが2013年から流れていたが、ようやく正式に披露された。

前述のとおり、詳細は不明ながら、Steamのカテゴリーでは「シングルプレイ」「マルチプレイ」「協力」「共有/分割画面」といったおなじみの要素を揃えており、ファンの求めるシリサムがリリースされると考えてもよさそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog