“ナポレオンの妹”が主人公のSRPG『聖女戦旗』開発中、PC/PS4/ニンテンドースイッチ向けに発売へ。『FFT』の戦闘と『FE』の育成を取り込む

中国のパブリッシャーCE-Asia 中電博亞は、『聖女戦旗』を開発中のようだ。海外メディアSiliconeraVgtimesなどが報じている。『聖女戦旗』はフランス革命をテーマとした、シミュレーションRPGだ。「戦旗」と呼ばれる乙女たちを中心に、秩序と混沌が混在する18世紀のフランスが描かれる。

スポンサーリンク

主人公となるのは、ナポレオンに可愛がられたという妹の「ポーリーヌ・ボナパルト」。軍人学校を卒業した彼女は、兄の家を訪問する最中に革命に巻き込まれ、武器を片手に戦うことを強いられる。ポーリーヌという少女を通じて、フランス革命の歴史が描かれるという。本作には、ルイ16世王妃であった「マリー・アントワネット」、ナポレオンの最初の妻である「ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ」など歴史上の美女が登場する。「ルイ・シャルル・アントワーヌ・ドゼー」「ジャン・ランヌ」といった歴史上の軍人も登場するようだ。

本作は斜め見下ろし視点にて、プレイヤーがグリッドを移動するという、いわゆるタクティクス形式を採用している。『ファイナルファンタジータクティクス』といったタイトルに影響を受けているとのこと。高低差やキャラクターの向きによってダメージや命中率が変わる基本システムに加えて、“戦場環境”システムを採用。雨の日は銃器の命中率が下がり、騎兵の移動力は大きく低下する。夜間なら当然、遠方の敵は見えづらくなる。火災や疫病といった要素も存在するようで、戦況は目まぐるしく変化するとのこと。

育成においては『ファイアーエムブレム』に近いシステムを採用しているという。レベルアップ時に、パラメータが表示され、それが任意に上昇するという形式だ。成長は完全なランダムではないようだが、ジョブやキャラクターによってパラメータの上昇の傾向が変わるようで、キャラクターが強くなっていく様子が楽しめるという。育成の過程ではスキルを覚えることもあるようで、やり込める作品になるようだ。

戦闘外のパートでは貴族や革命軍と交流することでミッションを受託したり、歴史上の人物らと会話できるという。時に交渉することで政治的な立ち回りでサポートを得たり、軍資金を獲得できるといったケースもあるようだ。CE-Asia 中電博亞ははすでに3月に本作の日本語のトレイラーを公開しているので、日本国内で発売されると考えてもよさそうだ。テーマや戦闘システムだけでなく、歴史上の人物を美しく彩るもビジュアルも印象的で、意欲的に制作されていることがうかがえる。

『聖女戦旗』は2018年向けに、PC/PS4/ニンテンドースイッチ向けに発売予定だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog