任天堂、Cygamesとの業務提携を発表。協業タイトルとして、モバイル向けアクションRPG『ドラガリアロスト』を今夏に配信へ

任天堂は本日4月27日、株式会社Cygamesとスマートデバイス向けゲームアプリ事業における業務提携したことを発表した。グローバル市場において広いユーザーの評価してもらえるゲーム体験の創出を目指し、共同でのゲームアプリの開発・運営を進めているという。任天堂は、Cygamesの発行済株式数の約5%を、主に同社保有株式の第三者割当により取得するとのこと。

スポンサーリンク

早速2018年夏には、Cygamesが企画し、任天堂とCygamesが開発・運営する新作オリジナルゲームアプリ『ドラガリアロスト』が任天堂より配信されるとのこと。ジャンルとしては、アクションRPGになるようだ。同アプリは日本を含めたアジア圏にて配信予定で、欧米での配信の準備も進めているという。ゲームの詳細は不明ながら、ゲームのイラストとロゴがすでに公開されている。獣のような耳の生えたキャラクターの姿も確認できることから、ファンタジー世界を舞台にした作品になるのかもしれない。

任天堂はこれまでモバイルゲームアプリの配信においては、2015年3月にDeNAとの業務提携を発表しており、『スーパーマリオラン』から昨年末リリースされた『どうぶつの森 ポケットキャンプ』まで協業で同社のタイトルの開発・運営を進めていた。なお業務提携発表時には、任天堂がDeNA の発行済株式の10%を取得していた(リンク先はPDF)。

しかし昨年2月経営方針説明会では任天堂の君島社長は、「DeNAのサポートがなければスマホゲームを届けられなかった」としながらも、「他のパートナーのサポートをいただかなければいけない局面を否定するわけではない」とコメントしており、新たなパートナーとの協業を示唆していた(ロイター)。そのパートナーがCygamesということになるのだろう。

Cygamesといえば、『神撃のバハムート』をはじめ『グランブルーファンタジー』といったタイトルを生み出してきた企業。最近でも『Shadowverse』や『プリンセスコネクト! Re:Dive』といった作品をスマッシュヒットさせているほか、過去にもリリース済みのタイトルにおいて長らく支持を得続けている。現在においては、モバイルゲーム会社の中でも随一のヒットメーカーと呼べる存在だ。

一方任天堂は、2月に発表されたモバイル向けアプリ『マリオカート ツアー』を含め、これまで既存のIPを使いスマートフォンゲームをリリースしてきた。IPを巧みに創出してきたCygamesとタッグを組み、オリジナルアプリをリリースするという新たな道を歩むことになる。Cygamesの企画を擁する任天堂の新たなアプリは、どのような内容になるのだろうか。二大メーカーにより2018年夏に配信される新たなモバイルゲームに、多くのユーザーが注目しているだろう。

【UPDATE 2018/4/27 13:00】
任天堂は本日4月27日に、『ドラガリアロスト』の公式サイトをオープンし、ゲーム情報を公開した。人と竜の契約をテーマとした、見下ろし型のアクションRPGとなるようだ。すでに事前登録も受付中。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog