Nintendo Switch Onlineの詳細情報判明。待望のクラウドセーブ機能がついに実装へ

任天堂は本日5月8日、ニンテンドースイッチ向け有料オンラインサービスNintendo Switch Onlineの詳細を公開した。これまでオンライン機能を中心とした一部機能を開放しつつ、無料で提供されていた同サービスは、9月よりさまざまな機能を搭載し有料化にともなう正式スタートされる。今回は、そのさまざまな機能が公開されたわけだ。なお、9月の正式スタートにともない、無料サービスは終了となる。

Nintendo Switch Onlineの加入により受けられるサービスは以下のとおり:

スポンサーリンク

・オンラインプレイ
・Switch用ソフト 『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』
・セーブデータお預かり
・スマートフォン向けアプリ 『Nintendo Switch Online』
・加入者限定特典

一番の目玉は、「セーブデータお預かり」だろう。Nintendo Switch Onlineに加入していれば、本体内のセーブデータをインターネット経由でお預かりし、万一の故障時にもデータの消失を防ぐことができるという。ニンテンドースイッチでは、セーブデータを手持ちのMicroSDカードにコピーできず、バックアップが難しい仕様となっていた。本体が2台あれば、セーブデータの引っ越しが可能であるが、本体が故障した際には、セーブデータも巻き込まれ消失してしまうケースも存在していた。詳細は後日公開とされているが、セーブデータのバックアップはニンテンドースイッチにおける課題であっただけに、待望の機能実装と言えそうだ。

そのほかの目新しい要素としては、「クラシックゲームセレクション(仮称)」として公開されていた旧作をプレイできるというコンテンツは『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』という形となるようだ。こちらはサービス開始の9月時点で20本のタイトルが用意されており、フレンドとオンラインにつなげれば、画面を共有しながら対戦や協力プレイができるとのこと。スマートフォン向けアプリ「Nintendo Switch Online」を使用すればボイスチャットも楽しめるようだ。

現在公開されているラインナップ10本は以下のとおり:

・『アイスクライマー』
・『サッカー』
・『スーパーマリオブラザーズ』
・『スーパーマリオブラザーズ3』
・『ゼルダの伝説』
・『テニス』
・『ドクターマリオ』
・『ドンキーコング』
・『バルーンファイト』
・『マリオブラザーズ』

オンラインプレイやスマートフォン向けアプリ 『Nintendo Switch Online』については、すでに稼働しているので説明は不要だろう。加入者限定特典は、以前発表されていたニンテンドーeショップのタイトルをお安く買える割引サービスだと考えられる。

基本料金プランとしては30日300円、90日800円、365日2400円(いずれも税込)が用意されている。注目したいのは、このNintendo Switch Onlineは、ひとつのニンテンドーアカウントごとの契約となる点。本体を2台持っており同じニンテンドーアカウントで紐付ければ、サービスを受けられるし、逆に本体1台に複数のアカウントが存在する場合は、そのアカウントごとの契約が必要となる。

こうした1台をたくさんのユーザーで遊ぶ人向けに、最大8アカウントの利用が可能なファミリープランが用意されている。自分のアカウントと家族のアカウントをファミリーにすることで利用できる。こちらの料金プランは、365日4500円。個人ユーザー向けのプランに比べると倍近い価格となるが、その分1台のNintendo Switchに対するオンラインプレイのアカウント制約もなく、自由にプレイできるようになる仕組み。それぞれのユーザーのニーズに応じて選ぶことになるだろう。

ついにその全貌が明らかになりつつNintendo Switch Online。基本的な機能はすでに告知されているもので、大幅なコンテンツ追加はないが、待ち望まれていたクラウドセーブ機能が実装されるという点はひとつのアピールポイントとなる。正式スタートにあたっては、『Nintendo Switch Online』アプリの機能性向上や、加入者限定特典のさらなる情報公開に期待したいところだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog