ハイスピード・魔法ローグライク『Wizard of Legend』PS4/Nintendo Switch版は国内向けにも発売へ

インディースタジオContingent99は、弊誌の取材に応じ『Wizard of Legend』を日本国内向けに販売する計画があることを明かした。国内向け対応プラットフォームはPlayStation 4/Nintendo Switch。発売日は不明ながら、近日中にニンテンドーeショップでの予約購入が開始予定であるとも語っている。

スポンサーリンク

『Wizard of Legend』は、今週末5月12日と13日に京都市勧業館「みやこめっせ」で開催される「BitSummit Volume 6」のPlayStation®ブースへの出展も決まっており、国内展開されることは間違いなさそうだ(PlayStation.Blog)。海外版はPC/PS4/Xbox One/Nintendo Switch向けに5月15日に発売される予定で、すでにいずれのバージョンにも日本語が含まれることが明言されている。

『Wizard of Legend』は、ハイスピードで展開されるローグライクアクションだ。危険だらけの自動生成されるダンジョンへ潜り、伝説の魔法使いを目指す。ダンジョンには多くの敵が徘徊している。プレイヤーは近接戦闘と魔法を組み合わせ、敵を刺し魔法で葬る。敵を倒してアイテムを手に入れたり、ダンジョン内で宝を発見することで、新たな魔法が開放されていく。

魔法の種類としては、プレイヤーの周囲に剣を周囲にまとうものから、氷の波を起こすもの、隕石を落とすものなどド派手なスペルが揃っている。魔法はすべてあわせると100種類以上にも及ぶようで、多くの魔法から好みのものを選び、自分だけのスタイルを確立しよう。道中の宝箱からはプレイヤーの能力を高めるレリックスやアクセサリーが手に入るので能力の底上げも並行しておこなう。危険なダンジョンにてスタイリッシュに魔法を決め、ゴールを目指すのだ。

本作はシングルプレイのほか、他プレイヤーと協力してダンジョンを踏破する協力モードや、敵対して火花を散らす対戦モードといったマルチプレイに対応している。現時点では、どちらもローカルマルチプレイ専用。オンラインプレイには将来的には対応したいと回答しているので、今後の続報に期待しよう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog