「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」発表。通常ミニファミコンも販売再開

任天堂は本日5月14日、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」を発売すると発表した。「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」は、週刊少年ジャンプのキャラクターが登場するファミコンタイトルを20本収録する特別仕様の「ミニファミコン」だ。発売日は7月7日で、価格は税別7980円。「ミニファミコン」より2000円高い価格設定となっている。

スポンサーリンク

収録タイトルとしては、以下のとおり:

・キン肉マン マッスルタッグマッチ
・ドラゴンクエスト
・北斗の拳
・ドラゴンボール 神龍の謎
・キン肉マン キン肉星王位争奪戦
・聖闘士星矢 黄金伝説
・キャプテン翼
・聖闘士星矢 黄金伝説 完結編
・赤龍王
・ファミコンジャンプ 英雄列伝
・魁!!男塾 疾風一号生
・暗黒神話 ヤマトタケル伝説
・天地を喰らう
・北斗の拳3 新世紀創造 凄拳列伝
・ドラゴンボール3 悟空伝
・キャプテン翼II スーパーストライカー
・ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人
・まじかる☆タルるートくん FANTASTIC WORLD!!
・ファミコンジャンプII 最強の7人
・ろくでなしBLUES
 

パッケージは雑誌さながらの賑やかなボックスになっているほか、ハードウェアは特別なゴールド仕様となっている。収録タイトルと本体仕様以外は「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」と同じであるとのこと。自由に中断ポイントを作り保存できる「いつでもセーブ」や当時の環境を再現する「アナログテレビモード」も実装されるとみられる。

なお任天堂は「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」の発表にあわせて、通常の「ミニファミコン」の販売を再開するとも告知している。6月28日から店頭にて販売していくとのこと。発売時から品切れが続出し、長らく店頭が見ることもかなわなかった「ミニファミコン」。昨年末に販売を再開する旨の告知がおこなわれていたが、特別仕様のジャンプバージョンの登場にあわせて本家もまた購入できるようになるだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog