『S.T.A.L.K.E.R. 2』電撃発表、2021年に発売か。GSC Game Worldが開発中と告知

ウクライナのデベロッパーGSC Game Worldは、『S.T.A.L.K.E.R. 2』を開発中であることを発表した。公式サイトが用意されており、そこでは「2.0.2.1」という文字が並んでいるが、その他詳細は一切不明。2021年に発売するということなのだろうか。同スタジオの設立者であるSergiy Grygorovych氏もFacebookにて、現在『S.T.A.L.K.E.R. 2』を開発していると短く声明を出している。

『S.T.A.L.K.E.R.』は2007年に発売されたサバイバルホラーFPSだ。チェルノブイリ原発事故により奇妙な現象が発生するようになった地区Zoneを舞台に、記憶を失った主人公が真相に近付く物語を描いている。オープンワールドや高度なAI導入といった当時としては先進的な要素をいくつも導入。細部まで作りこまれた世界、作品全体を覆う重苦しい雰囲気など、多岐にわたる部分において高い評価を獲得していた。

スポンサーリンク
S.T.A.L.K.E.R.: Call of Pripyat

その後『S.T.A.L.K.E.R.』はシリーズ化され、第4作目として『S.T.A.L.K.E.R. 2』のプロジェクトが始動する。しかし直後にGSC Game Worldが閉鎖状態となり、そして2012年には同作のキャンセルが発表された。その後、シリーズの中核スタッフはVostok Gamesを立ち上げ、F2Pタイトル『Survarium』をリリースしたほか、先日にはチェルノブイリを舞台としたバトルロイヤルゲーム『Fear the Wolves』を発表していた(関連記事)。

GSC Game Worldは2014年に活動を再開。2016年には『Cossacks 3』をリリースしており、デベロッパーとしての活動は続けているものの、前述したとおり『S.T.A.L.K.E.R.』シリーズのスタッフは抜けている状態だ。かつてGSC Game Worldに所属したスタッフでいえば、Vostok Gamesのほかにも『Metro』シリーズを手がける4A Gamesが思い当たる。しかし、それぞれの元スタッフが在籍するスタジオはすでに大きなプロジェクトを抱えている。『S.T.A.L.K.E.R. 2』はGSC Game World自身が手がけることになるのだろうか。もし2021年発売予定であるとすれば、見切り発車の発表だとも考えられそうだ。

Metro Exodus

いずれにせよ、前述した『Fear the Wolves』のほかにもFarm 51が『Chernobylite』を発表するなど、“チェルノブイリブーム”がにわかに再燃しつつある。期待と不安が大きく混じる状況ではあるが、『S.T.A.L.K.E.R. 2』の続報に期待したい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog