Nintendo Switch向け『Code of Princess EX』は8月2日に発売へ。『ガーディアンヒーローズ』スタッフが携わるアクションRPG

Pikii合同会社は本日5月16日、『Code of Princess EX』を8月2日に発売することを発表した。対応プラットフォームは、既報どおりNintendo Switchとなる。価格はパッケージ版が税別4000円で、ダウンロード版が税別3700円。パッケージ版はリバーシブルジャケットが採用されており、初回限定特典として取扱説明書、アクリルスタンドが同梱されている。

スポンサーリンク

『Code of Princess EX』は、2012年4月にニンテンドー3DS向けに発売された『Code of Princess』をパワーアップさせたタイトル。プレイヤーが個性豊かなキャラクターを操作し、ベルトスクロール形式に敵と戦う2DアクションRPGとなっている。3ラインを自由に移動し、敵にコンボ攻撃を叩き込む。西村キヌ氏がデザインしたキャラクターが滑らかに動くグラフィックやコンボを重視したテクニカルな戦闘、50人に及ぶプレイアブルキャラクターの多さといった要素を特徴としていた。

プログラムやゲームデザインは、かつてトレジャーに所属していた右京雅生氏が担当。企画原案、敵キャラクターデザイン、モーション監督は、同じくトレジャーに在籍していたはん氏が担当。『ガーディアンヒーローズ』の主要スタッフが手がけた作品としても話題を集めた。キャラクターデザインは前述したように西村キヌ氏が手がけており、サウンド制作では音楽ユニットACEが参加している。

今回の移植においては、グラフィックを完全にHDに対応したほか、課題とされていたゲームバランスやレベリングシステムを調整しているという。公開された映像を見る限りでは、前作では爽快感を得る上で妨げになっていたキャラクターの大量表示により処理落ちが改善されているように見える。ただ2016年に発売されたSteam版では処理落ち問題は改善されていたものの、単調に陥りがちな戦闘バランスがネックのままだった。光るポイントも多いだけに、「EX」とあるだけに、どこまでブラッシュアップされているかに注目したい。

なお『Code of Princess』といえば、同作のキャラクターや『洞窟物語』『海腹川背』などの人物がコラボレーションして戦う『ブレード ストレンジャーズ』が同じくPikii合同会社から今夏に発売予定(関連記事)。発売から6年が経過しているが、主人公であるソランジュを代表に、この夏は『Code of Princess』のキャラクターをよく目にすることになりそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog