サイバーパンクアドベンチャー『VA-11 Hall-A ヴァルハラ』PS4/Nintendo Switch版発表。バーを舞台にした人間ドラマ再び

Sukeban Gamesは本日5月16日、『VA-11 Hall-A ヴァルハラ』のPlayStation 4/Nintendo Switch版を発表した。発売時期は2019年初頭となる。同作はすでにPC/PlayStation Vita向けに発売されており、昨年11月には、弊社アクティブゲーミングメディアのパブリッシングブランドPLAYISMより、国内向けPlayStation Vita版が発売されている。

スポンサーリンク

『VA-11 Hall-A』は、2016年6月にPC向けに発売されたサイバーパンクテキストアドベンチャーゲームだ。舞台となるのは、2070年代の荒廃都市グリッチシティ。腐敗した政府と大企業が牛耳る街の片隅に存在する、小さなバー「VA-11 Hall-A」を中心に物語が展開されていく。

主人公となるのは、バーテンダーのジル。プレイヤーはジルとなり、訪れる個性豊かな客に対応する。しかしコミュニケーション手段は、対話だけではない。会話をかわしながらもカクテルを作り提供することで、親睦をはかる。カクテル作りは特定のものを注文されることもあれば、客の気分に合わせて作ることもある。時間制限はなく、ヒントは多いので何を提供するかをじっくり考えることも可能。提供したドリンクによってシナリオが分岐していくのも本作の特徴である。

『VA-11 Hall-A』の大部分は小さなバーで展開されるが、ニュースや客の話を聞きながら、バーテンダーとしてグリッチシティの状況や変化を把握していく。このグリッチシティは、Sukeban Gamesの故郷であるベネズエラをモチーフとしており、同国の状況をうかがわせるディストピアな雰囲気が覆う。また本作には、横柄なメディアの編集長や、起きているうちはネット配信をせずにいられないネットアイドル、とあるものを売って生活する可憐な少女姿のアンドロイドなど強烈な個性のキャラクターも登場する。ジェットコースターのようなドラマチックな物語が描かれるわけではないが、そうした苦しみに覆われる街で、それぞれのキャラクターが前を向いて生きようとする姿が描かれるのだ。

Sukeban Gamesは、そのスタジオ名からもわかるとおり、日本のアニメやゲームから強く影響を受けて育ったことを告白している。現在でもその愛情は変わらぬようで、昨年弊誌で実施した対談でも強烈な日本愛を表現している(対談記事)。彼らならば、PlayStation 4/Nintendo Switch向け日本語版も、きっと国内に届けてくれることだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog