『デビルズサード』開発会社が新作TPS『RockShot』を発表、Steamにて発売へ。日本からのアクセスは不可

ドイツのゲーム会社Gameforgeは5月16日、『RockShot』を発表した。開発を手がけるのは『デビルズサード』を手がけたヴァルハラゲームスタジオの子会社であり、同作の開発に携わったソレイユ。『RockShot』は、早期アクセスの基本プレイ無料タイトルとして6月に配信されるとのこと。なお、日本人ユーザーは、Steamストアはもちろんのこと、公式ホームページへのアクセスも弾かれるので、残念ながらプレイは見送る他ないだろう。

スポンサーリンク

『RockShot』は三人称視点のシューターとなっており、プレイヤーは遠距離と近接攻撃を使い分けて敵を倒し、勝利を目指す。本作にはさまざまなモードが存在しており、メインモードであるレイドモードでは、基地をめぐる攻防戦が繰り広げられる。基地を守る側は施設を充実させ奇襲から防ぐ。逆に攻撃側はあの手この手を使い基地の占拠を目指す。ゲーム中には資源を獲得することができ、資源を使い施設を強化したり強力な武器を手にすることが可能だ。ほかにも、PvPやPvEイベントが多数用意されており、遊べるモードは数週間ごとに入れ替わるという。その中には個人デスマッチやチームデスマッチも存在するようだ。

映像を見ておわかりの方もいるかと思うが、ビジュアルやアニメーション、システムなど『デビルズサード』に似ているとされており、Steamコミュニティでも指摘を受けている。他社タイトルということもあってか、今回の発表においてその名前は伏せられているが、『デビルズサード』にかなり近いデザインになっている印象だ。

『デビルズサード』

『デビルズサード』は、任天堂からWii U向けに発売されたTPS。『デッド・オア・アライブ』や『ニンジャガイデン』などを手がけた板垣伴信氏がヴァルハラゲームスタジオのスタッフとして開発に携わっている。もともとはTHQからPlayStation 3/Xbox 360向けに発売される予定であったが、THQ自体が倒産してしまったことにより方針を転換。最終的には任天堂と契約を結び、2015年8月に発売された。パッケージ版はAmazon限定、ダウンロード版はAmazonとニンテンドーeショップのみという特殊な販売形式であったことも影響し、ほかの任天堂タイトルと比べてもなかなか注目を集められなかった。

またヴァルハラゲームスタジオは、Wii U版の発売直前に、PC向けにオンライン要素を独立させた「DEVIL’S THIRD ONLINE」を発表。幾度ものベータテストを実施し、2016年6月に正式にサービスを開始させた。Wii U版はシングルプレイ・マルチプレイともに一定の評価を獲得していたものの、Wii U版は2016年12月にマルチプレイサービスを終了。PC版は2017年3月にサービスを終了している。『RockShot』は、おそらくこれらの作品のエッセンスを受け継いだ作品になるだろう。

『RockShot』

Steamは巨大プラットフォームであるが、マルチプレイゲームにおいてはプレイヤーの争奪戦がとにかく激しい。魅力的と評価されながらも、最終的にサービスを終了するタイトルが後を絶たない。『RockShot』が、何を武器にしてこの熾烈な競争を勝ち抜こうとするかに注目したいところ。なおSteamのオンラインゲームにおいては、日本向けに他会社と契約する事情で、日本向けのストアをブロックするというパターンもある。もしそうであれば、どこかの会社から国内向けのアナウンスがあるかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog