Nintendo Switch版『大神 絶景版』8月9日発売へ。タッチ操作でもジャイロ操作でも筆しらべ

カプコンは本日5月17日、Nintendo Switch向け『大神 絶景版』を8月9日に発売すると発表した。価格はパッケージ版が税別2990円で、ダウンロード版が税別2769円。パッケージ版と、全22曲収録のサウンドトラックCD「大神 幸玉旋律集」を同梱した『大神 絶景版 幸しらべ』は税別3990円で発売される。こちらのサントラは、選りすぐりのゲーム内楽曲やアレンジ楽曲を収録したものであり、いわゆるフルサントラではないので注意。

スポンサーリンク

『大神 絶景版』のは、クローバースタジオが開発し、2006年にPS2向けに発売されたネイチャー・アドベンチャーゲーム『大神』のリマスター版だ。2012年にPS3向けにHDリマスターされた『大神 絶景版』をもとに、さらに現代の仕様に合わせたものとなる。

墨絵のようなタッチにカラフルな色彩を織り交ぜたグラフィックスタイルを特徴とする。古代日本の「ナカツクニ」を舞台に、封印を解かれ世に災厄をもたらす大妖怪「ヤマタノオロチ」を退治するため、かつてヤマタノオロチに立ち向かったオオカミの「大神・アマテラス」が現世に呼び戻される。アマテラスは武器である「三種の神器」と、画面に筆を走らせて特殊な力を発動させる「筆しらべ」を駆使して妖怪と戦う。広大な世界を舞台とした壮大な冒険と、日本文化を巧みに融合させ、現在でも高い人気を誇る作品だ。

本作は日本画のような筆のタッチを活かした美しいグラフィックが特徴で、画面上に筆を走らせてさまざまな特殊な力を発動させる「筆しらべ」もまた本作の特徴のひとつ。Nintendo Switch版では携帯モード時にはタッチ操作を、テーブル/TVモードではJoy-Conのジャイロ操作を利用して筆しらべをおこなうことができる。ジャイロ操作のオンオフは切り替えられるほか、Nintendo Switch Proコントローラーでの操作にも対応するようだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog