老人の「月に行く夢」を叶えるADV『To the Moon』長編アニメ化。日本の大手アニメ制作会社により「君の名は。」を上回る予算で制作中

インディースタジオFreebird GamesのKan Gao氏は5月18日、『To The Moon』の長編アニメ化プロジェクトを発表した。中国の投資会社のバックアップを得て、日本のアニメ制作会社が制作しているという。日本のアニメ制作会社の具体的な名前は現在は発表できないとしながら、「トップクラスの大手会社(first tier/pretty big players)」であると述べている。

スポンサーリンク

制作費については、2016年に大ヒットした長編アニメ映画「君の名は。」の制作費を上回る、潤沢な予算をもって制作されていることも明されている。Gao氏は「巨額の予算が良い作品を作るとは限らない」としながら「予算がないといいものにはならない」とコメントし、万全の状態でアニメ制作が進んでいることを強調した。なおPC Gamerは、このアニメ化の制作は、A-1 Pictureが担当するのではないかと予想している。

『To the Moon』は、2011年に発売された2Dアドベンチャーだ。PCやモバイル向けに配信されている。今作のふたりの主人公であるエヴァとニールは、依頼を受けた人々が眠っている最中に、その人の望む夢を見させるという仕事を生業としている。ふたりは夢を見てもらうために機械を介して依頼人の記憶に潜り込み、「なぜ」その夢を求めており、どのような形で夢を見させるべきであるのか、突き止めなければいけない。本作では、ある老人の「月へ行きたい」という突拍子のない願望の正体を探すところから物語始まる。夢の願望の正体を探すために最近の記憶から若い頃の記憶をたどっていく、ある種の時間旅行のような体験をするゲームでもある。

『To the Moon』は、先の見えないシナリオや、物語を彩る美しい音楽などが好評を博し、大ヒットを記録した。Freebird Gamesはその後『A Bird Story』という短編アドベンチャーを発表し、昨年末には続編『Finding Paradise』を発売した。シリーズとしてファンを増やす中、原点ともいえる第一作目がアニメ化される。

今回のアニメ化プロジェクトにおいては、シナリオ執筆と楽曲制作を担当するKan Gao氏は、プロジェクトをコントロールするような立場にはないようで、あくまで氏自身はゲーム制作に注力するという。ただ、アニメ制作の中心にはいないものの、アニメが正しい方向に進めるようにハンドリングしていくとも語っている。『To the Moon』は、テキストや演出が特徴的な作品で、映像化との相性はよさそうなゲームだ。潤沢な予算をもって、日本の大手アニメ制作会社が手がけているならば、そのクオリティには期待できるだろう。同作の日本語版は、弊社アクティブゲーミングメディアのストアPLAYISMにて購入できるので、興味がある方はアニメ化に先駆けて遊んでみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog