Humbleにて、ヒッチハイクゲーム『Hitchhiker』などPCゲーム4本が期間限定で無料配布中。Steamでは手に入らない作品

【UPDATE 2018/5/22 19:00】
Humble Troveの記述について、加筆と修正をしました。

【原文 2018/5/22 18:44】
Humble Bundleにて、PCゲーム4タイトルが現在無料配布中だ。配布期限は現地時間6月1日まで。今回の無料配布は、サブスクリプションサービスHumble MonthlyのオプションともいえるHumble Troveに関連したもの。月額サービスHumble Monthlyに加入しているユーザーは、Humble Troveというが受けられる(関連記事)。Humble Troveでは、Humbleのオリジナルタイトルと、50本以上のゲームのDRMフリー版がダウンロードできる。無料配信中のゲーム4本も、SteamキーではなくDRMフリーのゲーム本体をダウンロードする形式になるので注意。

スポンサーリンク

無料で配信されているゲームは以下のとおり:

・『Knight Club』
・『Hitchhiker』
・『Quiet City』
・『Uurnog』
 

いずれもHumbleオリジナルタイトルであり、Steamでは配信されていない(ただし、『Uurnog』の関連作品はSteamにて配信中)。『Knight Club』はピクセルアートで描かれる対戦格闘ゲームだ。最大4人までのオンライン対戦に対応しており、ゲームモードはデスマッチ形式のものからタイマンまで用意されている。

『Hitchhiker』は、記憶をなくした主人公がヒッチハイクをして自分自身を思い出していくアドベンチャーゲームだ。旅が進むにつれて、自分自身の正体が明らかになっていき、大きな決断を迫られるという。ヒッチハイクを通じて、自分とは何を求めていくナラティブな作品だ。『Quiet City』はミニマルな作品だ。静かでなにもない街を、プレイヤーがインタラクションしていくことで賑やかにしていく。インタラクションをすべて終え、街が騒々しくなった時にはどうなるのだろうか。その行く末は自身で確かめてみるといいだろう。

『Uurnog』は横スクロール型のアクションゲームだ。一見するとこちらもミニマルであるが、登場キャラクターがカオスニューラル型のAIで動いたり、状況に応じてBGMが変化したり、幅広いステージバリエーションが用意されていたりと、意欲的な要素を導入している作品である。「開発者モード」にはレベルエディターや音楽制作ソフトウェアも含まれており、見張るべきコンテンツを収録している作品だ。

画像は『Uurnog Uurnlimited』

これらのHumbleオリジナルタイトルは、6月1日以降はHumble Monthly加入者向け特典になるのだろう。Steamでは遊べない野心作4本を、今のうちにダウンロードしておこう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog