『龍が如く3』『4』『5』のリマスター版がPlayStation 4向けに発売へ。『3』の発売日は8月9日、PS4にナンバリング揃い踏み

セガゲームスは、『龍が如く3』『龍が如く4 伝説を継ぐもの』『龍が如く5 夢、叶えし者』をPlayStation 4向けに発売すると発表した。PS4版は、1080pのフルHDと60fpsに対応しリリースするリマスター版となるようだ。第一弾として、『龍が如く3』を8月9日に発売する。価格は税別3990円。

スポンサーリンク

『龍が如く3』は2009年にPlayStation 3向けに発売されたアクションアドベンチャーゲームだ。主人公はシリーズの看板キャラクターである桐生一馬。桐生は東京を離れ、沖縄にて孤児とともに養護施設アサガオを運営し、平穏に暮らしていた。そんな桐生のもとに、新たなトラブルが舞い込み、またしても陰謀に巻き込まれていく。同作では、東京の神室町のほかに沖縄の琉球街が登場し、さまざまなレジャーが楽しめる。また本作は初のPS3作品として前作から大幅に進化を遂げて発売されたこともあり、今もなお発展を続けるシームレスバトルが初めて導入された作品でもある。

リマスター版は前述したように、フルHDと60fpsに対応し、なめらかかつ美しくなったビジュアルで本作を楽しめる。内容は、基本的にはオリジナル版と同じであるが、一部変更があるとのこと。特典としては、パッケージ版・ダウンロード版ともに同作の音楽を堪能できるサウンドトラックのプロダクトコードが同梱される。

なお、『龍が如く4 伝説を継ぐもの』は2018年秋に、『龍が如く5 夢、叶えし者』は2019年春に順次発売されていくという。セガゲームスは『龍が如く 極』シリーズとして、PS2でリリースされたナンバリングタイトル2作品をリメイクし発売してきたが、PS3以降の作品はリマスターという形で発売されるようだ。これでPlayStation 4では外伝やスピンオフ作品を省く、『龍が如く』のナンバリングタイトルすべてが楽しめるようになる。『龍が如く3』は現時点でシステム的に一番古い作品であるが、シナリオは時系列的に『龍が如く0 誓いの場所』を始まりとし、地続きでつながっている。もしくは原点である『龍が如く 極』でもいいかもしれない。未プレイの方はシステムかシナリオかで、好みの作品を選んで遊んでみるといいだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog