『サイバーパンク2077』最新映像がついに解禁。最後の数フレームに、ファンに向けた熱いメッセージを隠す

CD PROJEKT REDは6月11日、新作RPG『Cyberpunk 2077(サイバーパンク2077)』のE3 2018トレイラーを公開した。本作はテーブルトークRPG「サイバーパンク2.0.2.0.」の世界観をベースにした作品で、このトレイラーは2012年に発表されてから初めて披露されるゲームエンジンでの映像となる。

スポンサーリンク

『Cyberpunk 2077』は、2077年のアメリカに存在する巨大都市ナイトシティを舞台とする物語主導型のシングルプレイ・オープンワールドRPGだ。この街では、大企業が文化生活のあらゆる面をコントロールし、それ以外の部分をギャングが支配している。サイボーグ化したストリートの不良共や技術オタクのネットランナー、冷血な企業戦士がうろつき、犯罪者や貧乏人で溢れ全米一住みにくい街だとされながらも、希望を求める人々が集まってくる。そして主人公である新鋭のサイバーパンク「V(ヴィー)」もまた、夢を追ってこの街にやってきたひとりだ。

本作について、CD PROJEKT REDはこれまであまり多くの情報を出しておらず、また今回のトレイラーについてのプレスリリースにおいても、ゲームの概要などには一切触れていない。しかし、大きな期待を集めた発表から5年以上も経過していることからか、同社はとあるメッセージをこのトレイラーの中に込めていた。

Image Credit: Reddit

上の画像は、トレイラーの一番最後に表示されるハッシュタグ「#CYBERPUNK2077」などが、画面にノイズが走ったようにして消える際の一瞬をとらえたもので、何か文字が浮かび上がっている。読むと、「『Cyberpunk 2077』の開発計画を発表してから2077日以上が経過した」という書き出しから始まる。そして、「CGトレイラーを公開し、いくつかのインタビューに答えた後に沈黙したのは、まずは『ウィッチャー3 ワイルドハント』およびその拡張パックを皆さんに届けたかったからだが、計画していたよりも長くかかってしまった。申し訳ない」と続く。これはCD PROJEKT REDが、本作を待ち続けているファンに宛てたメッセージだ。

同社は『ウィッチャー3』の拡張パック第2弾「血塗られた美酒」を完成させた後、『Cyberpunk 2077』のプリプロダクションに全力で取り組み始めるが、なにか意味のあるしっかりした内容のものを見せられる状態になるまでは、外部には何も話さないよう決めていたそうだ。そして今年のE3にてついに解禁されることとなり、ブース出展するに至ったという。

このメッセージの中では、本作についていくつかの情報が共有されている。まず、本作の発売時期については、まだ確たることを言える段階ではないとのこと。発売に近づくためにはクオリティを上げるほかに方法はなく、準備が出来た時がリリースする時だとしている。ゲームのボリューム(あるいは広さか)については、現時点では具体的には分からないものの「とてつもなくデカイ(Seriously big)」とし、予約受付を開始するまでには公表すると約束している。

ちなみに、今回公開されたトレイラーの冒頭では、ナイトシティの地下鉄路線図が映し出されている(下の画像)。地下鉄は9つの路線が入り組み四方八方へ延びており、いくつもの地区の中に非常に多くの地名が書き込まれていることが分かる。広さまでは分からないものの、本作ではかなり密度の高い都市が構築されているようだ。

METRO MAPと書かれた下には「N6MAA10816」とある。これは、映画「ブレードランナー」に登場するレプリカント ロイ・バッティのモデル番号と同じ

発売後の拡張パックや無料DLCのリリースについては、『ウィッチャー3』での実績を下回ることにはならないとしている。同作では拡張パックが2つリリースされ、複数の追加クエストや装備アイテムなどが無料配信された。また、PC版については100パーセントDRMフリーにするとのこと。そして最後に、小額課金の存在を問う声に対して「シングルプレイのRPGに小額課金?本気で言っているのか?」と述べ、そういった要素の導入を否定している。

今回公開されたトレイラーでは、ナイトシティのさまざまな面が映し出され、その世界観の一端を感じることができる。『Cyberpunk 2077』へのファンの期待はさらに高まったのではないだろうか。本作の具体的なゲーム内容については、E3が開幕してから情報が出てくるだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog