『メタルウルフカオス』のリマスター『Metal Wolf Chaos XD』がPC/PS4/Xbox One向けに発表、年内に国内含め発売へ

パブリッシャーのDevolver Digitalは6月11日、『Metal Wolf Chaos XD』を発表した。プラットフォームはPC(Steam)/PlayStation 4/Xbox Oneで、2018年内に発売する。本作は、フロム・ソフトウェアが2004年に初代Xbox向けに発売したアクションゲーム『METAL WOLF CHAOS(メタルウルフカオス)』のリマスター版である。国内発売も決定しており、日本ではフロム・ソフトウェアが販売を担当する。

スポンサーリンク

本作の主人公は、第47代アメリカ合衆国大統領マイケル・ウィルソン・Jr.だ。信頼していた副大統領リチャード・ホークによるクーデターを受け、マイケルは人型の特殊機動重装甲メタルウルフに搭乗し、制圧されたアメリカの奪還を目指す。メタルウルフはマシンガンやグレネードランチャーなどの武器を両手に装備・カスタマイズでき、ダッシュやホバリングといった機動力も備える。行く手を阻む者たちを容赦なく破壊していくド派手なアクションに加え、マイケルや補佐官のジョディの印象的なセリフ回しによって人気を呼んだ作品だ。

オリジナル版は日本でしか発売されなかったものの、もともと音声が英語だったことも手伝ってか、YouTubeなどでそのゲームプレイは海外にも拡散。カルト的人気作という位置付けで語られることとなる。そして2016年、本作の販売元Devolver Digitalはフロム・ソフトウェアに対して、『メタルウルフカオス』を海外発売するなら手助けをさせてほしいとラブコール送っていた。その熱い思いが今回ようやく実を結んだようだ。

リマスター版である『Metal Wolf Chaos XD』では、『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』や『Gone Home』『Tacoma』など、数々の移植実績を持つGeneral Arcadeが開発を担当する。16:9のワイドスクリーン化と1080p解像度への対応(PCやPS4 Pro、Xbox One Xでは4K解像度にも対応)をおこなうと同時に、一部のテクスチャやビジュアルエフェクトをアップグレード。また新たなセーブシステムを導入し、ゲームプレイや操作性にも改善が施されているという。なおSteamストアによると、本作はオリジナル版と同じ英語音声/日本語字幕となるようで、Devolver Digitalタイトルの日本語ローカライズで知られる架け橋ゲームズが協力しているとのことだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog